実家ができた?!

シーミーというのは、24節季の1つ、清明です。
本土のお彼岸みたいに、お墓参りに行くだけでなく、ピクニックモードのようです。
こちらのお墓は大きくて、前庭みたいなのがあるから、
みんなが集まって、ごちそうを食べたりおしゃべりしたりして
親族の親睦を深める、ということのようです。
お店でも、お節料理のように、シーミーのお供え兼ごちそうの予約を受け付けています。

民宿のおかみさん(八重さん)に、「来ますか」と誘われました。
その晩、お墓にはいかないけれど、身内で集まって、ごちそうを食べるんですって。
法事みたいなものかと思って、2つ返事でついていくことにしました。

おいしくて、楽しかったです。
民宿の夫婦と、その長男夫婦と、子どもたち3人。
ご当主が沖縄風の位牌を拝んだ後、
テレビのクイズ番組を見てたわいもないことを言い合ったりして、
並んだごちそうをいただきます。(写真がないのが残念。)
ふーん、沖縄の家庭って、こんな感じなんだあって思いながら。

バヌアツに行った時も、現地になじむためにホームステイをしたものでしたが、
ここ久米島でも、私っておんなじことをやっているなあ、と思いました。
偶然なんだけどね。
というわけで、ここを久米島での私の実家ということにします。
八重さんにそう言ったら、「いつでも遊びにいらっしゃい」だって。
引っ越して落ち着いたら、
引っ越しそばならぬ、引っ越しきしめんを持って遊びに行くよ。
ホテルにしなくて、よかった。
予約した民宿が満員で、よかった。

DSCN0296.JPG
久米島空港で、みんなを迎えてくれるシーサー。
もちろん対なので、右側にももう1体います。
ブログを始めるにあたって、このアプリを選んだのも、
名前が同じ、シーサーだから。ほんとだよ。

この記事へのコメント