にっぽん丸がやってきた

4月18日、久米島に豪華客船にっぽん丸が入港しました。
久米島滞在は、たっぷりの8時間。
これがにっぽん丸、2016年の寄港時の写真(くめじま情報ホームページより)。
海の中に見える白い線のようなものが「はての浜」です。
6404DFB6E9B0483F8E94798B371A73B2-300x200.jpg









ここ数年、毎年この季節になるとやってくるみたいです。
残念ながら、この日私はもう名古屋に戻っていて、久米島にはいなかったんだけど、
島の人たちが観光客を迎える準備していることが、あちこちの様子から垣間見られました。
民宿村のあるイーフビーチの公共駐車場は、その日は駐車禁止。
物産展の会場となるそうです。
八重さん(民宿のおかみさん)も、商品の準備で大忙し。
民宿の食堂の机の上には、乾燥させたハーブ類が山積み。
レモングラス等、え、それも日本で作れるの、というような、東南アジアでおなじみのハーブたちです。
やっぱりここは暑いところなんだ。
これまでは、どっかの乾燥機を借りて作っていたけど、
今年は自家用の乾燥機を購入したとかで、これで多品種・少量でも作れる、ということでした。
あ、そういえば八重さん、こんなことも言ってたっけ。
東京オリンピックがあるから、品質管理のチェックが厳しくなったのよね・・・
え? オリンピックの観光客が、この離島まで足をのばすっていう想定なのか!
どこの役所のどんな部署だか知らないけど、そんなことまで考えているんだね。
そういうなんでもない話、でも生活そのものの話を聞けるのが、おもしろい。
だって私はここで暮らすんだから。
民宿にして、よかった。

またバヌアツのことを思い出しました。
シドニーやオークランドからクルーズ船が入港した時の町のにぎわい。
バヌアツの様な、南の島ののびやかな空気を求めてここに来ることにしたんだけど、
意外なところにも重なる点がありました。
来年は、私もみんなと一緒にわくわくざわざわしてにっぽん丸を迎えたいな。
八重さんのお店を手伝ったりしてね。
あ、平日だと学校があるか・・・



この記事へのコメント

ナバンガ ピキニニ
2018年04月28日 22:43
この「日本丸」バヌアツにも来たのですよ。エカスップの民俗村の案内に、生まれて初めて観光客のガイドをしました。
ひな子
2018年04月28日 23:01
そうでしたね。ちょっと動くと、いろいろなことがつながっておもしろいです。
つながると言えば、久米島町の教育委員長吉野さんも、青年海外協力隊員として、バングラデシュで活動していらっしゃったとのことでした。

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31