赤土から海を守る

いろいろと考えさせられることが起こりました。
名古屋に住んでいたら「土砂崩れ? 大変だなあ」で終わっていたことが、
突然目の前に降りかかったわけですから。
家から徒歩3分のところが「通行止め」ですから。
たとえば土砂崩れの翌日は町営バスが止まってしまったから、
朝中学校の先生たちが比屋定までやってきて、
生徒たちを1人1人学校車に乗せていました。
私の車もブレーキがキーキーいっています。
車屋さんに電話したら、あっさりと
「大雨が降ると、そんなもんですよ。からっと晴れて乾くと直るから」だって。

大雨が降ると赤土が流されてしまいます。
きのう三線のおけいこで山を下りたのですが、
周回道路のあちこちを流された赤土が覆っていて、
スリップしかねない状態で、
消防署からポンプ車が出て道を洗い流していました。
塀が根こそぎ倒れたり、斜面からは大小さまざまな石がころがり落ちていました。
乗り上げたらえらいことです。
032t.jpg

赤土は海へ流れ込み、生き物や環境に大きなダメージを与えます。
これでも、以前よりはうんとましになったそうですが。
美しい海を作ったのも自然、
それを汚すのも自然の驚異、というわけですか。
166t.jpg

この週末は、大雨と台風の合間です。
次の台風8号がやってきます。
火曜日あたりにはまた暴風圏入りです。


この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31