パパイヤしりしり

しりしりというのは、千切りにすることだそうです。
にんじんしりしりというのは、沖縄の代表的な家庭料理なのかな。
お店のメニューにものっています。
給食にもよく出ます。
包丁で千切りにするのは手間ですが、専用の「しりしり器」なるものもあるそうな。
どの野菜でも万能なスライサーとはちがって、さすが専用さすが伝統というすぐれものらしい。
私はといえば、野菜の炒め煮は大好きなので、
特にこの島の野菜は新鮮だしおいしいに決まっているので、
しりしり、大好きです。
しりしり用にカットした野菜が売られていると、速攻で買います。
なので、まだ自分で「しりしり」したことはありません。
これは私の自信作
「久米島産完熟トマトソースの冷製パスタしりしり添え、トッピングはパッションフルーツ」。
週末のある日山里ゆんたくでしりしりしたパパイアを買ったら、お店の人に
「これもう赤い(熟している)から、生でも食べられますよ」と言われてひらめきました。
そうです、ニンジンではなく、パパイヤのしりしりです。
DSCN0458.JPG

別の日の1皿。
冷凍ピザを焼いてしりしりをのせました。
DSCN0468.JPG
トッピングのバジルもベランダ菜園で。
DSCN0469.JPG
しりしり、炒めても生でも本当においしい。
ヘルシーだし。
クレソン(もちろん久米島産)とあえて、シークワーサードレッシングをかけて、
ばくばく食べています。
しりしり器、買おうかな。




この記事へのコメント