脱穀、のちバーベキューランチ

サマースクール1日目。
夏休みに入ったというのに、とっても盛りだくさんの日々、
サマースクールが3日間続きます。
朝は8時からエイサーのおけいこ1時間、
勉強1時間、脱穀、
個人面談(1月期の学業の成果を保護者に報告する)、
親子アルバムつくりなどなど。
子どもたちは午前中でおしまい、下校します。
先生たちは午後から、教育委員会の研修もあります。
私は、朝からずっと脱穀の準備のお手伝いをしていました。 
な・な・なんと、空き教室から足踏み脱穀機が出てきたよ!
DSCN0762.JPG
風に飛ばして、モミとゴミをより分けます。
脱穀よりも、こっちの方がよっぽど大変だよ。
DSCN0764.JPG


けれどもやっぱり夏休み。
今日は学校でバーベキューランチ。
養護の先生の実家が石垣島で、なんと牛を育てているのです。
で、肉を届けてもらったのです!
けれども石垣牛ではなく、ただの八重山牛だとさんざん訂正されました。
石垣牛も八重山牛も、生まれは同じなのですが、
石垣牛はブランドを守るべく、餌の質、量、食べさせ方、その他いろいろ、
厳重に決まっているんですって。
それを守れたものだけが石垣牛を名乗れるのだそうです。
そんな細かいこと、どうでもいいじゃんねえ。
和牛のバーベキューなんて、それも塊から切り出しですよ。
人生最初で最後の贅沢かもしれん。
DSCN0772.JPG
始まってみたら・・・バーベキューというよりは、炭火焼きだった。
ステーキサイズです。
DSCN0768.JPG


久米島でも酪農家はいるのですが、そしてせり市もあるのですが、
残念ながら久米島牛はないのです。
ある程度の大きさまで育てたら、売られた先の名前になる。
鹿児島牛とか神戸牛とか松坂牛とか。
肥育は難しいのでそのノウハウがないのと、久米島内に処理施設がないことが理由だそうです。


この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31