運動会の華、エイサー

夏休みのサマースクールで、朝1時間、エイサーの練習が始まりました。
3年生以上の子どもたちが演じます。
職員室の一隅に、こんなふうにして形も大きさもいろいろな太鼓がしまってあります。
たくさんありすぎて、数える気にもならなかったけれど、
300人の児童生徒がいたころの名残なのでしょうね。
衣装や頭巾、腰ひも、脚絆もたくさんあります。
DSCN0678.JPG

エイサーは、もともとは男が演じるもので、女は踊りだったそうです。
けれども子どもの人数が減ってしまった今は性別は関係なし、です。
本来はお盆に、帰ってきた先祖の霊を送り出すための踊りですから、
振り付けもゆっくりした動きだったそうですが、
今は時流に合わせて? 速くて激しい振り付けが好まれるとか。
毎年エイサー演舞用の新曲が出るみたいですよ。

沖縄の老若男女は、上手・下手はともかく、みんなエイサーは踊れるそうです。
小学校でやっているからねー。
学校へ入る前の子さえ、ミルクのあき缶で作ってもらった太鼓を持って踊っているからね。
旧盆(今年の場合は8月23・24・25日だったかな)の時期には、
島内あちこちの集落で青年団を中心に披露されます。
といっても、港のある南の方だけ。比屋定だけでなく、島の北側はだいたい人がいないし。
集落のエイサーでは地方が三線を奏でますが、学校ではCDです。

さて運動会の晴れ舞台。
子どもたちの顔がはっきりしすぎず、
それでもエイサーの雰囲気を伝えられるような写真を選ぶのに苦労しました。
DSC_0443.JPGDSC_0469.JPG



この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31