消えていく伝説

「生きている伝説」の続きです。
チンベーさんの今後の成り行きです。

現在のチンベーさんは島袋さんという方で、お年は80歳を超えています。

先代のチンベーさんの後継ぎを決めるのはとても大変でした。
なんといっても一族の女性という条件があります。
だれでもいいというわけにはいかないのです。
昔と違って、チンベーの職に就くことに対する経済的な裏付けはありません。
逆に、島に住むことをはじめ、様々な制約がのしかかります。
現代では、本人の自由意思も尊重されなければなりません。
当時島袋さんは千葉かどこかにお住まいでしたが、
とにもかくにも来島し、先代のチンベーさんについて10年修行をし、
先代を継いで現チンベーとなったのでした。
そして2013年8月には、13年ぶりの雨乞いの儀式をとり行ったそうです。
この時の儀式を見た人の話はこちら
まるで時代絵巻の一場面のようです。とても現実のこととは思えないなあ。

さて次のチンベーさんですが、まだ決まっていないはずです。
町役場はそうそう立ち入るわけにもいかず、親族の方たちの動きを見守るしかない。
数人の候補者に声をかけたものの、軒並み断られたとか。
そりゃあそうでしょう。
けれども同様の状況で消えてしまった神事が、琉球でどれほどあることか・・・

もう1つの伝説。太陽石。
我が家のすぐ近くの伝説の場所です。
うちに帰るとき、島周回道路から中にはいる時の目印がこのサインです。
このサインがあるから、夜暗くても大丈夫。
DSCN0803.JPG
これが太陽石。
夕方撮った写真なので分かりにくいですが、背後には海が広がっています。
DSCN0805.JPG
周囲はちょっとした公園のようになっています。
久米島の史跡はみんなそうですが、大切にされていることがうかがえます。
その昔、堂のひや(ひやというのは地域のリーダーのことだそうです)という人が、
この石と島々と太陽を利用して独自の方法で観測を行ったということです。
詳しい説明はこちらの写真をどうぞ。
DSCN0804.JPG
石の上の3本の線ということですが、私にはよくわかりません。
DSCN0806.JPG






この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31