観葉植物天国

またまた久米島の新たな天国を発見しました。
(他にどんな天国があるんだったか気になる人は、右下のラベルリストから見てね。)

先日山里ゆんたくで買った観葉植物。
名前はクッカバラ。
DSCN1149.JPG
ちょっと調べたら、ブラジル原産で、「ワライカワセミ」という意味だそうです。
でもなぜワライカワセミなんだろう?
サトイモ科だそうです。
葉の形はともかく、つき方を見るとなんとなく納得できます。
葉が落ちた跡が目のような模様になって茎に残るというのが、熱帯の植物らしくかわいいです。
内地から来たのではなく、久米島の人が増やして売っているということで購入しました。
美人さんというよりは、どことなく愛嬌のある容姿ですよね。
500円だったけど、ネットショップだと何千円もするみたいです。 得した気分。
まあわざわざ買わなくても、ポトスなどは学校の花壇にもうっとうしいほどにはびこっていて、
私がバッサバッサと切り捨てているくらいだから、
その気になれば簡単に増やせるとは思うんだけど。

クッカバラ、根がポットからはみ出していたので、 1回り大きい鉢に植え替えてやりました。
わりと耐寒性のある植物のようなので、 名古屋へ戻るときには連れて帰りたいな。
久米島で暮らしたことのいい記念になると思います。
同じ国内というのは、一部を除いては植物検疫がないところがいいですね。

例のごとくふらふら散歩していてびっくり。
あっちにもこっちにもあるじゃないですか、クッカバラが。
DSCN1187.JPG
バナナの木の左側にも。1mはある。でもこれはパパイヤかも。
DSCN1196.JPG
人間でもそれ以外のものでも、やっぱり名前を知るって大切ですね。
名前を知ることで、それまで見えなかったものが見えてくるから。
他にも名前は知らないけど、町で観葉植物として売られている植物もたくさん見えてきました。
愛好家が見たらびっくりしちゃうよ、きっと。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31