続・小さな比屋定の大運動会―子どもの部―

運動会の日、BGMはぜーんぶ安室奈美恵でした。
ちょうど引退の日でしたから。

そんな中子どもたちは、席を温める暇もないくらいでした。
なにせ人数が少ないので、
どの子もつねに何かの協議に出ているか、お手伝いをしているか、です。
まあそれは、先生たちも一緒だけど。
なにせ校長や教頭も、選手集めという大切な仕事があるくらいです。
地域の部では、事前に参加者が決まっていて名簿があるわけではなく、
全部当日、地域の方々のその日その時の気分で決まるという、
運営側にとっては、考えようによっては恐ろしい状況なのです。

話がずれました。
子どもたちの競技の話です。
競技の華と言えばリレーでしょう。
子どもたちは2種類のリレーに出場します。
チーム分けは、1年から5年までの縦割り、各チーム7人と8人です。
2つとも1人当たり100m を走ります。
低学年が100mを走るのはつらいけど、
そこは各チームとも、バトンゾーンの活用で工夫します。
1つは普通のリレーですが、もう1つが問題、スクラムリレーです。
スクラムリレーでは、
1チーム7人か8人のメンバーで7種の走り方をします。
1人2回は走るのがルールです。
かにかにGo!・おさるのかごやなど、なんのことだかわかりませんよね。
この写真はかにかにGo!の1シーンです。
2人の子どもが背中合わせになって、
2人3脚ならぬ2人2脚になるよう、タオルでお互いの足を縛ります。
DSC_0324.JPG

そして最後が「へびの脱皮」。
片手を前に、もう一方の手を自分の股の下から後ろに伸ばして、
一列になってみんなで手をつなぎます。
こんなふうに始まって
DSC_0364.JPG
こんなふうに終わります。
DSC_0336.JPG

誰がどの種目に出るかが勝敗に大きくかかわるので、
昼休み(1時間)にはみんな夢中になって練習していました。
遊び感覚で練習できるので、楽しいですよね。

おまけ。体育館での練習中に見つけた何か。
聞いたら、「旗頭」(はたがしら)というのだそうです。
天井まで届きそうな大きさですが、これでも子ども用。
補助の綱をつけて、4人で支えるのだそうです。
五穀豊穣など、おめでたい時に使うのだそうです。
出初式みたいな感じかしら、とつぶやいたら、
まあそんな感じ、出初式は出初式でべつにあるけれど、ということでした。
残念ながら運動会では出番はありませんでした。
応援合戦にはもってこいだと思うんだけど。
なんといっても少人数だから、合戦にならないんです。
DSCN1220.JPG

この記事へのコメント