おいしい秋がやってきたみたい

最近食べたおいしいもの。
里芋の衣担ぎ(きぬかつぎ)。
煮っ転がしなんて、そんな面倒なことはしなくても、
皮付きのままゆでて、生姜醤油で食べる。
久米島の人は、皮つきでゆでるところまでは同じだけど、
それは皮をむきやすくするためのようで、
その後素揚げにしたり、砂糖と醤油で味付けしたりするらしい。
もう一目見ただけで、これはキヌカツギにするしかないと思える、
大きさ、円さ、ほれぼれしてしまいました。
その証拠に写真もとらず食べてしまった。

いろんな種類のものが店に並ぶようになりました。
この「アマランサス」というのは、ゆでても炒めても生でもOKらしい。
どうやって料理しようか。
DSCN1332.JPG

刺身。
三線のおけいこのために山を下りると立ち寄る主婦の店
近頃、刺身があふれている。
定番のキハダマグロをはじめ、カツオのたたき、マグロのハラゴー、
今日なんて、夜光貝の刺身もあったよ。
でも1人ではとても食べきれないので、どれか1つにするしかない。
で今日選んだのはアカマチ。
おいしかった。
マグロは1皿500円均一だけど、
これは100グラム当たり400円だからね。
今日の夕食は、このアカマチの刺身と、
島豆腐とゆでたオクラと生アーサ(あおさ。こちらでとれる海草)の白和えを
海洋深層水で作ったサラダ菜で包んでつまみ、
生産量が少ないため島でしか飲めない泡盛「美ら蛍」(ちゅらほたる)をロックで。
幸せです。
DSCN1333.JPG
おまけ。ある日に買った刺身。
イラブチャー。
皮の色が青と黄色なんて、いかにも熱帯魚、毒々しいけどおいしいよ。
沖縄本島から来た人も、
「本島では毎日肉、肉、肉、とにかく肉を食べないと食事をした気にならなかったけど、
 久米島へ来てからは刺身も食べるようになった」って。
DSCN1140.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31