2度目のはての浜

台風さえこなければ、
朝夕はともかく、日中は真夏に戻ったかのような久米島です。
9月、2回目の3連休。
暑い。海へ行くしかない。
連休中日の朝、天気予報を見たら明日からは雨。
これはいかん、どうしても今日行かなくっちゃと、
8時19分に予約の電話を入れ、
着替えて、車に飛び乗って、コンビニでおにぎりを買って、
8時39分にはフィッシャリーナでお金を払うという早業。
DSCN1383.JPG
思い立ったら20分後には港にいて、40分後にはもう船に乗って、
DSCN1380.JPG
1時間後には果ての浜に立っている。

お盆で台風明けの先回とは違い、
波も静かで絶好のシュノーケリング日和、のはずだった。
ところがこの日は満月でしかも干潮は午後2時半。
そんなことまで考えに入っていなかった…

泳がずとも歩いても来られるというのはいいんだけど、
魚たちのいるポイントはせいぜい水深2メートル。
先回来た時は3メートルか4メートルくらいはあったのですが。
気合を入れてフィンまで借りてきた私、
もぐる練習をしたかったのにこれではちょっと・・・
静寂の中、深い青い海の中で魚の群れに囲まれていたことを思うと、
やっぱり物足りないかなあ。
リーフの外側にとまっている船からは、みんな潜っているんだよなあ…
DSCN1404.JPG
普通上陸滞在時間2時間の所を3時間におまけしてもらって、
シュノーケリングの合い間には
朝食兼おやつを食べ、
お湯のような浅瀬に寝そべり、
なんのかんの言っても十分に楽しみました。
帰りには3匹のウミガメにも会えたし。
でも今度来るならやっぱり満潮のときかな。

家へ帰る途中比屋定バンタで、
今行ってきたばかりのはての浜を見ながら100円そばとアイスクリームを食べる。
今日も幸せな日だったなんて思いながら。
このあと、とれたて刺身尽くしという、
降ってわいたような大幸せが待っているとは夢にも思わずに。
DSCN1410.JPG
10月にも1回、シュノーケリングの予約がとれたので、楽しみです。
今度はどこのポイントに連れて行ってもらえるのかな。




この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31