ゼロトレ

ゼロトレというものがあることを最近知りました。
多分、トレーニングゼロ、という意味なのでしょう。
寝ているだけで…というのがうたい文句のようです。
確かにトレーニングというものではないですが、
寝ているだけでもない。
ストレッチ+呼吸法ですね、これは。

名古屋で暮らしているときにはかれこれ20年近く、ずっとスポーツクラブに通っていました。
その中で似たような動きはずーっとやっていたなあ、と思って。
だから、効果とか気持ちの良さは実感としてよくわかる。
クラブではなんの補助具もなしにやっていたけれど、
ゼロトレではバスタオル3枚など、ちょっとしたものを使って、
より簡単に、より効果的にできるようになっているようです。
呼吸法は、腹式呼吸に似ています。
これはもう、やるしかないなと思いつつ、
思い出したようにやるだけで、続いていないんだけど。
うちにはバスタオルが2枚しかないから、まずは3枚目を買わなくっちゃ。

沖縄では、慢性成人病が大人にも子どもにも広がっているのだそうです。
ずーっと農業をやっているおじいやおばあは健康なんだけど、
そのあとの世代、中年がだめみたい。
生活全般(特に食生活)が便利になって、それに毒されたんだね、きっと。
とにかく、歩かない。
50m先でも車で行く。
暑いから、というのは分かるけど、そうでない季節にも。
子どもの通学も、近くても保護者が車で送り迎えするらしい。
だから学校が子どもに徒歩通学をさせるよう親に呼びかけて、
そうしたら子どもたちの健康によい影響が出たというような記事が新聞にも載ります。
幸い比屋定校の子どもたちはみなスリムです。
週1回の朝のなわとび運動と、冬の校内駅伝大会のおかげでしょう。
縄跳びなんて、2年生の子どもたちがばんばん2重跳びをしているんだよ。
ちょっとぽっちゃりさんはいるけれど、
この子、体形変化がひんぱんで、おもしろい。
夏休み・冬休み・春休みが終わると、
まるまるになって学校へ戻ってきます。
そして学校生活が始まるにつれて体が絞れていくのです。
いかに学校での生活が活動的なものであるかということですよね。

健康に良さそうな写真から。
シークワーサーです。
数個なら学校でとってくればいいのですが、
搾ってジュースにするので。
今の時期のものは熟して皮が軟らかいので、レモンを絞るよりも簡単なくらいです。
これだけあれば、500mlくらいはとれるかな。
ジンジャーエールを半々くらいで割って飲みます。
他にも料理にも使います。
DSCN1906.JPG
学校の畑から。
種をまいてから4、5日で、こんなに芽が出てきました。
大根の芽生え特にが早いですね。
大きなかい割れ大根、といったふうです。
1つの穴に種を3つずつ蒔いたので、律儀にちゃんと、芽も3つずつ出ています。
畝の最後の方になると、子どもたちもめんどうくさくなったのか、
5つも6つもかたまって芽が出ているけどね。
DSCN1922.JPG
ながーい畑のいちばん奥を、私が自由に使ってもいいことになりました。
ビタミン菜と菜の花(食用)の種を蒔きます。
DSCN1919.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31