久米島の産業祭り、園芸編

久米島高校園芸科、大活躍ですね。
DSCN2125.JPG

久米高園芸科の生徒が育てた花や野菜の苗、1人10ポットまで無料でもらえます。
実は私、これがいちばんのお目当てだったんです。
このコーナー、すごい人出でしたよ。
10時に行った私は、元気のいい苗をいろいろと選べました。
12時に行った教頭先生は、残り少なかったためか、
10個以上でもいいよ、持ってって、と言われたそうです。
そしておっとり刀で2時に出かけた校長先生はというと…何も残っていませんでした。
DSCN2120.JPG
サルビア、さつまいもなど、
各種ある苗から私が選んだのは千日紅とかわらなでしこ。
千日紅は、ふつう赤紫か白色の花なんだけど、ちょっと小柄なピンク色を選びました。
DSCN2146.JPG
手前の3つはカワラナデシコ。島で大切に保存されています。
保存にも、久米校生が関わっているんですね。
これらの苗を学校へ持ち帰って、元気なうちに植えたかったので、
早めに帰りました。
DSCN2130.JPG
こちらはプロの園芸農家のコーナーです。
ブーケンビリアって、こんなにいろんな色があるんですね。
ブーゲンビリアが咲く土地には、東南アジアを中心にあちこち出かけましたが、
改めてその多様さを知りました。
大きさや色によって値段は異なるのですが、
だいたい1本1000円~2000円といったところでしょうか。
ほんとうに、のどから手が出るほど買いたいのですが、名古屋へ持って帰っても育たないですよね。
じっくり見ると買ってしまうから、横目で見て通り過ぎるしかありません。
DSCN2119.JPG
右手に見える大きなポインセチアも、700円だったんですよ。
冬休みに留守にすることがわかっている身としては、買えないじゃないですか。
ああ、悲しい。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31