久米島産業祭り、番外編

まーさん編、園芸編、将来(または大人の社会見学)編で締めくくるつもりでしたが、
その中に入らないものもいっぱいあって、番外編を追加します。

午後のメインイベントは「ヒージャーおおらせー」、今年初めての試みです。
ヤギの闘牛? 闘ヤギのことだそうです。
見た人から聞いた話ですが、
ヤギたちには戦意が全く見られず、試合にならなかったそうです。

牛汁の正体も判明しました。
汁の中に、野菜も入っていたけれど、
サイコロ型の牛肉がごろごろと入っていたそうです。
なるほど、さすが1杯800円、と納得。

島内アウトドアイベントの常連、車エビつかみどりも。

エントランスでは
久米高+久米島西中合同吹奏楽部。
ブレザーを着ているのは中学生だそうです。
とつとつと自分たちの演奏をしている様子を見ると、
私も自分なりにビアノが弾きたくなりました。
もらった苗を早く植えたかった他に、これも早々とうちへ帰った理由です。
DSCN2123.JPG

ドーム内では、久米島産品の物産展。
フリーマ―ケットもありました。
島には確か子供服の専門店はないし、子どもはすぐに大きくなってしまうので、
ちょっとかわいい子供用品のリサイクルは大人気です。
この会場、ホタルドームそのものも見たかった。
楽天イーグルスの練習場にもなるんでしょ。
ドーム屋根の中央は、開閉こそできないものの、半透明で採光十分、明るいです。
DSCN2127.JPG

外には農機具販売のコーナーもありました。
年配の人はすでにすっごくいろいろ持っているし、
若い農業後継者の数は減っているし・・・で、お客さんはいませんでした。
DSCN2144.JPG
久米島製糖工場のコーナーで。
サトウキビって、こんなに大きいんですね。
人間の背丈よりも、テントよりも大きくなる。
いつも畑単位で見ているから、1本1本がこんなに大きいとは感じていませんでした。
DSCN2128.JPG
子ども向けの下敷き「砂糖ができるまで」ももらってきました。
3年生の社会の授業で使えるなと思って。

ちっとも冬らしくない、初冬の1日でした。

この記事へのコメント