続・「ゆくい処笑島」で忘年会

2学期終業式の日、学校の忘年会当日です。
(会場の説明については、こちらをどうぞ。)
ちょうどクリスマスの夜ということで、
お店は私たちの貸切ですが、
おうちでパーティーをする人たちが、次から次へと予約のオードブルを取りに来ます。
その中には保護者も。
人気のお店です。

さて、お料理です。1人3500円で、飲み放題ではないけれど、飲み物もたっぷり。
アルコール類はもちこみもOKです。
DSCN2348.JPG

まずはオードブル。
久米島近海でとれた魚介類のカルパッチョと、サラダ。
サラダの具も、白身魚でした。
DSCN2349.JPG

ソーキ(豚のリブ。骨は取ってあったけどね。)と大根、うずら卵の煮つけ。
とってもやわらかくて、とろけそうでした。
ほかにも、モッツァレラチーズがたっぷりのった焼きトマトや、
油味噌(久米島産の味噌にいろいろまぜたもの)を包み込んだ卵焼きなど。
DSCN2351.JPG
メインがこれまたびっくり。
ローストビーフに沖縄あぐー豚、ソーセージ、そしてお米を詰めて焼いたチキン。
クリスマスだもんね。
DSCN2353.JPG
メインその2。
ミーバイの蒸し焼き。
ミーバイ(ハタの仲間らしい)には刺身よりも何よりも、
蒸し煮やマース煮(マースは塩のこと。塩と泡盛で煮つけたもの)が似合います。
淡泊な白身で、柔らかいから。
DSCN2352.JPG
そういえば、ご飯も汁ものもデザートもなかったけれど、
飲むのが楽しいんだから、それでいいね。
こういうところも、実質重視の久米島風かな。

でも、プレゼント交換はそうでもなかったです。
バラエティにとんでいて、おもしろかった。
久米島フェリーのペアチケット、高級柿の種、酒の肴セット、なしのお酒、
スタバのチケット、久米島にはスタバはないから、ちょっと不評でした。
みんな、那覇で準備したんでしょうね。
私は見当がつかず、とりあえずアマゾンで取り寄せた名古屋のチョコレートクッキーにしました。
一応、テレビの番組かなんとかで1位になったというものを選んだのですが、
ちょっとおもしろみがなかったです。
でも来年の分はもう確保できているし、
使うかどうかはともかくとして、面白がってはもらえるんじゃないかな。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31