竹富島へ日帰り

ホテルへ荷物を置いて、徒歩3分の離島ターミナルへ。
そこからフェリーで15分。
なんの予定もなかったのですが、
なんとなく人の流れについてレンタサイクルのお迎えバスに乗る。
  
島には3つの集落があって、それぞれがサンゴ礁の石塀に囲まれた木造赤瓦の家々が並び、
重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
白砂が敷かれた道が続きます。
外側のビーチからビーチへと移動するにはいいんだけど、集落の中は動きにくいかな。
DSCN2374.JPG

この建物は、重要文化財の旧与那国家です。
建物のつくりは、沖縄本島や久米島のものと基本的には同じでした。
DSCN2378.JPG


どの赤瓦の上にも、ちゃんとシーサーがいます。
しっくいのシーサーばかりで、焼き物は見かけませんでしたが。
DSCN2367.JPG

水牛車も活躍しています。
三線を抱えたガイドさんを乗せて、集落の中をゆっくりゆったり進みます。
DSCN2370.JPG

2時間でレンタサイクルを返し、港まで送ってもらう途中、運転手さんとこんな話をしました。
保存地区に指定されて以来35年くらいがたち、ぼつぼつ修理の必要な家がでてきた、
最近屋根を直した家は800万円の費用が掛かり、うち600万円は補助が出たが、
直す必要があるのは屋根だけではないし大変だ、
平屋で建坪は最大30坪まで、家の四隅こそコンクリートの壁にはするけれど、
間取りは従来通りにする、そういうことを守らないと補助金が出ない、
瓦を止める漆喰や石塀を積む職人が少なくなったのも困る、
以前はのぞかれないための塀だったが、
今は観光として家も見せないといけないので、塀が低くなった、等々。

石垣の市街地では、伝統的な家はほとんどと言っていいほど残っていません。
台風に強いのが取り柄の、四角いコンクリートの家ばかり。
たまに残っている家は、ぽつんと1人取り残されたようで、
わびしいような、気の毒なような存在です。
その点久米島はちがう。
私の中の久米島びいきが満たされて、ちょっとうれしい気持ちです。
久米島びいきと言えば、もう1つ織物のこともあるんだけれど、また今度。

この記事へのコメント