八重山ミンサーと宮良殿内

公共施設は12月28日で閉館なんてことをすっかり忘れていて、
石垣市立八重山博物館に行きそこねました。
白保でシュノーケリングもしたいし、西表島にも行きたい、
つまりまた石垣へは来るだろうから、それはいいんだけど、

もう1つ、ミンサー織り体験ができなかったのも残念です。
初めに行ったのは八重山ミンサー工芸館
民間の施設で華やか、にぎわっていました。
けれども華やかすぎて違和感が。
その正体は、染色の方法でした。
化学染料を使っているので、なんとも色鮮やかなのです。
化学染料を導入したことによって、
パリコレの素材に使用されたとか、夏川りみさんの紅白衣装を制作したとか、
ミンサーの復興に貢献したという面はあるのでしょう。
でもなー、久米島紬にあこがれる久米島住人の私としては、すっと受け入れられない。
そんなわけで、機織り体験にも二の足を踏んだのでした。

ミンサ―というのは綿織物で、帯や手巾(てぃさじ。汗拭きかな。)のような幅の狭いものでした。
だから絣の折柄も、四つと五つの四角を組み合わせたシンプルなものですが、
八重山には苧麻で織られた八重山上布や、芭蕉布という織物もあります。
偶然見つけた石垣市伝統工芸館で、昔ながらの手仕事で作られた着物等を見ることができました。
久米島紬にもみられる鳥など、いろいろな文様もあります。
どちらも暑い土地に似つかわしく、しゃりっとした気品があります。
出かけたのが仕事納め28日の午後ということもあって、
機織り体験ができず残念でした。
記念に購入したコースターです。
こういうものを織ることができたはずなのに。
DSCN2450.JPG




おまけ。
石垣市内の宮良殿内、めぇーらどぅぬず、と読みます。
沖縄の読み方なら、みやらどぅんち、になるはず。
18世紀末に立てられた、行政区の長(現在でいえば市長)の私邸と庭園です。
首里氏族層の屋敷構えや建築様式を残しているので、国の重要文化財となっています。
「鉄の暴風」と言われる砲火や地上戦がなければ、
首里にもこのような建物が現存したはずです。
受付で絵葉書をもらいましした。
現在も人が住んでいるので中は見学できませんが、間取り等は本島や久米島と同じです。
DSCN2451.JPG
庭園も国指定の名勝で、日本の枯山水スタイルに琉球の植物を配した形式です。
復元された首里城の御殿の庭園もこんなふうでした。
DSCN2437.JPG






この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31