那覇空港の困りごと

那覇から久米島への便は、なんと、ピンクのジンベイザメジェットでした。
CV2A9482.jpg
久米島空港で待ち構えていた作業車もジンベイザメの塗装です。
青とピンクと2台並んでいたけど、 寄ってきたのはピンクの方でした。
機体と色をそろえているのかも。
DSCN2461.JPG

ところで名古屋-那覇の便ですが、
朝早いからかすいていて(それにしてはチケットの値段は高かったけど)、
だからかサービスがよかったので、
以前からちょっと気になっていたことを聞いてみました。
那覇空港のいろいろについて、です。
とにかく時間通りに発着できないことが多い。
出発便の案内板を見ていると、便数は4~5分に1本くらいです。
その他に到着便もあるわけで、滑走路は1本しかないのだから、とても混雑します。
名古屋-那覇の便にしても、時間によっては15分の間に4便もあったりするんです。
那覇空港が混んでいるから、名古屋出発を遅らせるなんていうことも実際にあります。
これはキャビン・アテンダントの人も認めていましたよ。
那覇がからむと、スケジュールに狂いが出ることが多いって。
東京オリンピックに来日した外国人観光客に、沖縄へも足を伸ばしてもらおうと、
ただいま新しい滑走路とターミナルビルをつくっているところですが、
(LCCのターミナルなんて、貨物倉庫の一画を間借りしていたくらいです)
どうなんだろう。
施設が出来上がったとしても、運営がうまくいかなければなんともならないし。
遅延だけでなく、欠航もけっこうあるんじゃないかな。
そうんると、離島への乗り継ぎに支障が出ます。
石垣の店でも、今日は那覇からの便が欠航したから牡蠣がない、なんて言っていました。
天候のせいなら仕方がないけれど、必ずしもそうとは言えない場合もあるみたい。
滑走路の都合とか。

那覇って、空港だけでなく町のあちこちでもいつも工事をしていて、
活気があるといえばいいけど、落ち着かないな。
以前は、どこの大都市も同じような状況だったのだろうけれど。
観光客の数でハワイ超えを目指しているらしいけど、
豪華なリゾートホテルより、豊かな自然と静かな生活の持続を求めて
石垣島や竹富島では反対運動も相次いで起こっています。
幸か不幸か、そういう点でもやっぱり久米島って、ちょうどいい離島なのかなあ。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年10月
      1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31