ハチウクシー

なんじゃそれは、ですよね。
3学期の始業式の日、準備しなくっちゃと、みんながなんだかそわそわしている。
耳をそばだてて聞いていると、
ハチウクシーだから、とかなんとか聞こえてくる。
どうも天ぷらを買いに行くらしい。

ハチウクシー、漢字で書くと、初興し、初起こし、初輿しらしいです。
仕事始め、といったところでしょうか。
ボーイスカウトの初会合もハチウクシーだし、
1月2日の辺野古基地建設反対集会もハチウクシーです。

で、ハチウクシーで何をするかというと、
特に決まった形式はなくそれぞれのようですが、
どうも天ぷらを食べて、各人が今年の抱負を語り、親睦を深める、ということのようです。
予約してないけどどうしようと心配していた天ぷらは、
海人食堂に注文して無事入手できました。
もずくのかき揚げといか天と魚天の3種類です。
DSCN2471.JPG
新年の抱負として、職員全員(といっても10人だけど)が「今年の1字」を披露しました。
私は「陽」、陽光の陽です。
私にとって久米島は、燦々と輝く太陽の光に満ち溢れた土地です。
この地でもう1年暮らせますように、と話しましたが、
抱負というよりは、願望になってしまいました。
多分かなうと思うんだけど。

こういう仕事始めって、いいですね。
今琉球にいるって、しみじみ思います。

おまけ。始業式の日の給食から。
クーブイリチー(昆布と野菜の炒め煮)と発芽玄米のつくねとゆかり(紫蘇)ごはん。
いつもは麦と白米とまざったごはんなのですが、
この日はつくねに玄米を使っているためか、普通の白米でした。
汁ものはイナムドゥチ(豚肉とこんにゃく、野菜の味噌汁)。
昆布はよろこぶ、おめでたい食べ物で、沖縄の伝統料理です。
こちらの料理で豚肉を使う時には、
ほとんどの場合、まず塊のままでゆでて油を落とし、それから切ります。
けれどもゆでた汁はまた使います。
昆布は沖縄ではできないので、北方との交易の歴史も垣間見られる料理です。
DSCN2467.JPG











この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29