桜並木のトンネルを

例年1月中旬から2月半ばまでが見ごろということで、
1月中旬に出かけたときには早すぎました。
それからは天気の悪い週末が続き、行きませんでした。
名古屋から戻ってきたらはや2月も中旬。
曇り空の下、慌てて出かけたのですが、
やっぱり盛りには間に合わなかったようです。
DSCN2827.JPG
花の並木が終わると、むこうに海が見えてきます。
あいにくの曇り空、空も海も色はさえません。
それでも視界がさあっと広がるのはいい気分です。
DSCN2828.JPG
濃いピンクの色のせいで、
寒緋桜は、どうしても桜というよりは桃のイメージですが、
それでも満開の花の下を歩きたかったな。
また、来年。

おまけ。島尻の石墓。
桜のトンネルをぬけて、海へ出て、
海岸沿いを走り出すとすぐ、斜面にある大きな岩の上ににあります。
自然の石をそのまま積んだだけの素朴なものです。
多分、その昔の、この地の豪族のものなのでしょう。
DSCN2829.JPG




この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29