春よこい

大寒が過ぎて、寒さも底の久米島です。
といっても、人の話ではどうも今年は暖冬、
(そうでなくても最低気温が1ケタになることはまずないそうですが)
これで寒い季節をやり過ごせるのであれば、実にありがたいと思う今日この頃です。
タイトルの「春よこい」とは矛盾しますが、春はもう来ているのかもしれない。
たとえば、ピンクのカスミソウとネモフィラの種を蒔いたのですが、
大寒にもかかわらず1週間足らずで芽を出しました。
朝見たときよりも昼、昼よりも帰りの方が、芽の数が増えているんですよ。
こんなことが起きるのが冬のはずはない。

学校の坂道で。
避寒桜と久米紅(くめくれない。久米島固有のツバキ)が交互に植えられています。
島の桜の名所より早く咲いたようです。
なんかの記念樹のようで、寄贈者の氏名が添えられています。
久米白波という白いツバキもあるようですが、島のどこに行けば見られるんだか。
DSCN2662.JPG
2階から見下ろした、職員室前のツバキの大木。
この日は曇り空で、せっかくの花が冴えないのが残念。
手を伸ばせば、そのまま掌にこぼれおちてきそうな花です。
DSCN2658.JPG


おまけ。
久米島産直市で、久しぶりに出会ったアイランドカレー
今回の野菜は、キャベツ、ジャガイモ、豆、ブロッコリでした。
私としてはもう少し熱々の方がいいと思うんだけど、
屋外で食べるから、寒くてすぐに冷えちゃうのかな。
スプーンはなんと、アイスクリームのものと同じ、木製でした。
ああ、ストローと同じ、リサイクルなんだなと思って、
私も一役買うべく、持ち帰りました。
DSCN2645.JPG


この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31