安心して暮らせます

その1 ガス
寒いから早くお風呂に入りたいと思って、
お湯の蛇口をいっぱいに開いたのに、湯がすぐに水に戻ってしまいました。
あらら、今夜はお風呂に入れないか、
明日はガス会社に電話しなくっちゃ、と思っていたら、
ガス会社の方から電話がかかってきました。
いつもと違う使い方をしたので、ガス漏れを警戒して、
安全装置が働いたのだそうです。
うちではシャワーを使うことの方が多いし、
お風呂の時も水と湯と混ぜて入れるので、
今日のように急激にガスを使うことはなかったのでしょう。
いつもと違う使い方、というのは、そういうことを指していたのでしょうね。
安全装置の解除の仕方を教えてもらい、無事に熱いお風呂に入ることができました。

聞けば、久米島ガスの事務所には24時間体制で担当の人が詰めているので、
どんな真夜中だろうと、いったん警報装置が働けば、
我が家の件のように連絡をしてくれるのだそうです。
こんなことでもなければ知る由もないことでしたが、
ありがたいことです。

その2 車。
バッテリー警告灯がついてしまいました。
以前からファンベルトがキュルキュル鳴いているのは知っていたけど、
ちゃんと走っているし、まあいいかと思っていたけど、
今度は警告灯だし、ネットでちょっと調べてみたら、
充電ができていない、そのうち走らなくなるということがわかったので、
半年の保証期間は過ぎちゃったけどなーと思いつつも、
次の日車屋さんへ電話しました。
「はいはい、で、今どこにいるの?」と追い立てられるような声。
「え、学校だけど・・・」
なんでそんなこと聞くんだ?と思いつつ答えてから、はたと気が付きました。
車が動かなくなって、私が立ち往生していると思ったんだ。
すぐにひろいに来てくれるつもりだったんだ。
島なんだから、どこにいたとしても大して遠くはないんだし。

まだ自走できるから、夕方に持っていくので代車をお願いね、ということにしました。
もともと古い中古車なんだから、多少のトラブルは覚悟の上、
何かあった時にちゃんと対応してくれるつもりがあるとわかったし、
ファンベルトも実際にちゃんと実費で取り換えてくれたので、安心。
なんといっても、今は家業の味噌屋さんでも、元町長さんだから。

おまけ その1。
ちばりよーノート。
チバリヨーとは、がんばれよという意味です。
中は普通の方眼ですが、普通より一回り大きいA4版。
市販はされていません。
教材屋さんが作ったもので、沖縄の先生たち愛用の品。
算数の授業に使われています。
私も閻魔帳用に購入しました。
大きいので、学習予定やちょっとした気づきなど、なんでも書き込めます。
これで1冊135円、なぜだかノートの値段が高い久米島では、実にお得な買い物です。
DSCN2670.JPG
おまけ その2。
山里ゆんたくで見つけた芋。
自然薯の類だと思われます。
長芋みたいにそのまますりおろして食べるという話でした。
それにしても大きいし、安い。
あまりにも大きいのであきらめて、代わりにみずみずしいニンジンを買いました。
ブロッコリと一緒に煮たら、おいしかった。
DSCN2671.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31