久米島だからの、ちょっといい話

同僚のHさんの話です。
ちなみにHさん、これまではただの同僚として、このブログに時々登場していましたが、
今後も登場しそうな予感がするので、Hさんとします。
石垣出身、実家は酪農家、養護の先生、教員住宅では隣りの部屋です。

このHさん、無銭飲食してしまったんですって。
月に1度の久米島産直市でアイランドカレーを食べたんだけど、
なぜかお金を払うのを忘れてしまったんですって。
またカレー屋さんの方も請求するのを忘れてしまったみたいで。
で、どうしようと相談されたのですが、
まあ来月の産直市の時に払えばいいんじゃない? と言うくらいしかない。
連絡先は、ネットで調べても、よくわからなかったそうです。

例のごとく山里ゆんたくへ行った時、ぱっとひらめきました。
アイランドカレーはここでもお店を開くんだから、
ここなら連絡先がわかるんじゃないかって。
聞いてみたら、なんと、本人が30分後に来ることになっているって。
だから、渡してくださいって、ゆんたくかあさん(スタッフのこと)にお金を預けました。
疑いなんて、なかったよ。
だってここは、久米島だもの。
実際後で話したら、Hさんだって、ああよかったって言ってくれたし。

次の日曜日。
天后宮で見知らぬ人から声をかけられました。
「カレーの代金、確かに受け取りました。ありがとうございました。」って。
カレー屋さんだったんです。
地下足袋なんてはいていたから、工事の人かと思いました。
Hさんの代金のことは、まったく覚えていなかったんですって。

Hさんも私もカレー屋さんも、みんな久米島の人間ではありません。
でもね、私たちをつないでくれたゆんたくかあさんは、くめじまんちゅです。
これって、久米島だからこそありうることだと思います。
名古屋だったら、最初からお金を預けようとも思わない。
カレー代600円のことなんだけど、
私にとっては、ちょっとどころか、とってもいい話でした。
そしてもちろん、後日Hさんにも
「カレー屋さんに会ったよ、お金、受け取ったって。」と報告したのでした。

おまけ。
学校で、私が世話をしている花たちです。
サルビア、これは挿し芽で増やした分です。
DSCN2735.JPG
ドライフラワーミックスという種を蒔いたので、いろいろな花が出てきました。
まがりくねっているのは、まあ素人のやることだから仕方がない。
スーパーアリッサム(白)。
もう盛りは過ぎてしまった感じですが。
これはこの地にも向いている種類らしく、苗も売られていました。
DSCN2736.JPG
スーパーアリッサム(紫)。
DSCN2739.JPG
ストック(白)とシャスターデージー(ピンク)。
DSCN2737.JPG
私がいなかったら、咲いていないはずの花たちです。
ちょっと自慢です。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31