トゥシヌユールとソーグヮチ

久米島では、旧暦の行事がけっこう残っているようです。
だから、正月は3回あります。
新暦の正月と旧正月と、後生の正月です。
農業や漁業は旧暦との関連が強いので、
本島でも漁業の盛んな糸満や、久米島をはじめ離島では旧暦での習慣が残っているそうです。

トゥシヌユールは年の夜、つまり大晦日、今年は2月4日でした。
Aコープの広告にはごちそう用食材の写真が踊っていました。
ごちそうの内容はお盆の時と同じような感じでした。
年越しそばは、沖縄そばのソーキそばです。
ソーキとは、あばら骨つきの豚肉です。
ところによっては、門松として背の高い笹を飾ったり、大漁旗を飾ったりするそうです。

2月5日は旧正月(ソーグヮチ)、学校では特別なことはいないものの、給食がお祝いメニューでした。
内地の正月は餅正月、沖縄の正月は豚正月と言われるように、豚肉を使ったごちそうで、
クープイリチー(昆布の炒めもの)、中味汁、赤米黒米入りの五穀ごはん、紅芋のゴマ団子です。
そうそう、同僚が、法事だか葬式だかの日に、お惣菜用にクープイリチーを買って帰ったら、
こんな日になぜめでたいものを買ってくるのかと叱られたことがあったとか言っていました。

おまけ。
食べ物関連、とうことで。
缶詰のポークビーンズと、缶詰のカットトマトと、学校畑の大根とにんじんを煮てみました。
和風チリカーンといったところかな。
生のニンジンの葉は飾りのつもりでしたが、なんのことはない、全部食べてしまいました。
こちらではアメリカ風生活の影響で、いろいろな缶詰が売られていますが、
どれもそのままでは味が濃すぎるので、結局に直すことになります。
DSCN2741.JPG
もう1つ食べ物のおまけ。
石垣市西表島のお米を買ってみました。
なんとなく、お米は北の方の産地のがいいかなと思っていたのですが、
品種改良も進んでいるんだし、
せっかく沖縄にいるんだから、こちらの方のローカル銘柄を食べてみようと思って。
西表島って、マングローブ生い茂るジャングルのような島だと思っていたけど、
お米もとれるんですね。
おいしいお米でした。
これはやはり、実際に行ってみないと。
DSCN2758.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31