相変わらずの那覇空港でした

久米島の家へ戻った途端、冷蔵庫の掃除を始めました。
霜取りを兼ねて、電源を切って行ったから。
そして、買い込んだ食料を詰め込みました。幸せ。

タイトルどおり、那覇空港は相変わらずの混雑で、飛行機は遅れまくりです。
那覇空港への到着便が遅れるから、
「機材の到着遅延により、出発時刻を変更します」のアナウンスが次々と流れます。
今回、特に名古屋から戻る際に影響を受けました。
まずはお決まりの「那覇空港混雑のため待機を命ぜられ・・・」で、那覇着陸が30分遅れ。
久米島への乗り継ぎがぎりぎりとなりました。
なんとか間に合ったからいいものの、
久米島行の便では、またまたお決まりの「到着便遅延により・・・」で搭乗が5分遅れに。
さらに「ライトのランプ交換のため、10分ほど遅れます」、
ようやく滑走路へ出ても、
「混雑のため、本機の出発は6番目、およそ20分後とのことでございます」だって。
気のせいかどの航空会社も、遅延アナウンスでは空港の不備を強調しているような気がします。
航空会社のせいじゃないよって。

結局、久米島へは30分以上遅れての到着でした。
この程度なら良しとしなければ。
何度か経験すると学習効果でおりこうになります。
最初から、久米島行の最終便でなく、遅くてもその前の便に乗るようにしておけばいいんです。
そしたら最悪でも、その日のうちには久米島へ着けます。

おまけその1。
中部国際空港の通路わきに並ぶ雛人形の行列。
寒いからか、帽子をかぶったりマフラーをしたり、マスクをしているお雛様もいました。
DSCN2787.JPG
リサイクルのひな人形で、日本の人々の日常生活を表現しているそうです。
団体ツアーの先頭に立ったガイドさんは旗を持っているし、
お客さんは小さいけれどちゃんとした、中部地方の観光地のガイドブックを読んでいます。
お雛様って、ちーんと座っているだけでなくて、こんなに表情豊かだったんですね。
ほんと、しゃれている。
DSCN2790.JPG
おまけその2。
地下鉄の駅で見かけたポスター。
見た途端に、うれしくなりました。
右から、家康、秀吉、信長です。
名古屋の人ならだれでもわかる、そしてニヤッとしたくなる3人です。
名古屋もしゃれている。
DSCN2786.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年10月
      1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31