やっぱり紬、織りたいな

とある週末の山里ゆんたく。
こんなものが置いてありました。
これは絶対に紬の道具に違いない。
DSCN2815.JPG
聞いてみたら、やはりそうでした。
このお店は、字のおかあたちが交替で店番をするみたいで、
この日の担当のおかあが持ち込んだそうです。
この人、いつもは西銘の共同作業所で織っているんですって。
ちょっと見にくいですが、これは絞りの設計図です。
大きな方眼紙に模様がびっしりと書いてあります。
この図にあわせて、種糸を作ります。
文字だけで知っている用語が、
私の中で、ああそういうことだったのねと、実際の作業と結びついていく瞬間です。
DSCN2816.JPG
以前に織ったものの評判がよく、もう1つ同じものをと、注文が来たんですって。
といっても染めから織からすべて手作業ですから、まったく同じ色がでるかどうかはわからないって。
なんといっても染めより織りが楽しいのだそうです。
自分の目の前で少しずつ、確実にできあがっていく楽しさ。
いいなあ。
久米島で数年修行したら、名古屋へ機を持ち帰ってできないかしら、
でも工程がいろいろあって複雑だから無理だよなと、一度はあきらめたのに、
そんな話を聞いていたら、やっぱりやりたくなってしまいます。
この島にいる間、きっと何度もこういう気持ちの揺り返しにあうんだろうなあ。

おまけ。山里ゆんたくに売っていた、採れたて野菜の詰め合わせ。
見た目もきれいで、クッキーの詰め合わせかなんかみたいに、すてき。
DSCN2814.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31