いもほりの日

いもはいもでも、ジャガイモです。
学校畑に植えたものはまだ未熟なので、
masa56さんの畑まで全校児童15人と教職員のみんなで出かけます。
もちろん私も、作業用の長靴を履いて出かけます。
場所は学校とうちのちょうど真ん中、通るたびに作物が変わっています。
手入れのよく行き届いた畑です。
茎が枯れたら収穫時です。
DSCN2878.JPG
masa56さんは、1年生のこの子がお気に入りみたいです。
根の片側を掘ると土の中で芋が顔を出します。
それをこの子が、あったあったと喜んで、手で掘り集めていくのです。
見ていて、とてもいいコンビでした。
願わくば、この子がこんなにも大切にされていることを両親がわかってくれますように。
まさに地域で育てられているわけですから。
DSCN2884.JPG
収穫した芋は、大・中・小とサイズごとに分けます。
この黄色いカゴ3個分を、1時間足らずで収穫です。
DSCN2891.JPG
小さいものは、早速ポテトチッブになりました。
学校にはアウトドアの達人(図書館司書)がいるからね。
あっという間に出来上がりです。
味についてはいうまでもありません。
給食前だっていうのに、つまみ食いが止まりません。
DSCN2893.JPG
1人5個程度、子どもたちが持ち帰りました。
残りは職員が持ち帰ったり、
塩ゆでにして、来週行われる駅伝大会で、応援に来てくれた学区の方々にふるまわれます。
我が家でも、そのうちには小さいのはからあげに、中くらいのはポトフになる予定です。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31