分散会

送別会のことを、島では分散会というらしい。
1年の終わりに、このメンバーでの仕事はこれでおしまい、
4月からはまた、新しいメンバーで始めるさ、ということのようです。
離島のこととて、
教育・医療関係の公務員で、本島から派遣されてきている人は
だいたい3年で、臨時の人は1年でもどるわけで、
だからこの季節、あれやこれやの分散会が重なって、忙しいみたいです。

比屋定校でも、あります。
今年度末は、10人の教職員のうちの3人が出ていきます。
会場のサイプレスリゾートホテルは、この間やぎ小屋の絵を描きに行ったところです。
夕刻、ホテルのレストランから海を見る。
暮れなずんで、いい感じです。
DSCN3042.JPG
歓迎会よりも分散会の方を重視して華やかに開くみたいです。
刺身も、イタリアンだか何だかわからないスタイル。おいしかったからいいけど。
DSCN3043.JPG

さて分散会といえば、
先日のPTA主催の送別会(3/「比屋定三線デビュー(ゆんたく編)」)も分散会です。
そこで、まだまだ書ききれないほどいろんなことがありました。
いきなり、余興でオーソレミヨを原語(イタリア語)のアカペラで歌いだした人がいて、
老人会の会長さんなんだけど、なんでも大阪で麻薬取締のGメンをしていた人なんですって。
言ってくれれば伴奏させていただきましたのに、なんて言ったら、もうとっても喜んでくれて、
ぜひ次の機会には「オーソレミオ」で、ということになって。
楽譜も持っているからって。
その後はイタリアオペラ、特にプッチーニの話で盛り上がりました。
といっても、私は拝聴する側でしたが。
離島の山の中でこんな話ができるとは、と感動していたけど、
まあお互いいい加減に酔っているからね。

実は、どうせキーボードを弾くんだったら、違う方面がいいんだけど。
PTA会長がちょっと不思議な人で、
不思議と言っても島ではよくある経歴らしいんだけど、
若いころはマリンレジャー関係、中年すぎたら家業とかその他の仕事に就く。
どうも学校の若い?(もしくは中年でもキーボードの弾ける)先生を誘っては、
ちょっとしたポップス系のバンドを組んでは、こういう会の余興で演奏するんだよね。
お声がかかったら、私としては断る理由はないので、もちろんやるんだけど。
でも余興に3つも出るのはいくらなんでも出しゃばりじゃないですか。
カンツォーネとポップスと三線と、
さて、島のみなさんがいちばんよろこんでくれるのはどれかな?

おまけ。新聞の折り込みチラシ。
こんな広告が入るなんて、さすが久米島。
あ、そういえば、私も自動車運転免許証の更新をしないと。
またきっと、島ならではのやりとりがあるんだろうなあ。
DSCN3019.JPG



この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31