海人(うみんちゅ)食堂、再び

行ってきました。
下に見えているのが真泊港。
そこに漁協の海産物工場があって、海人食堂が併設されています。
DSCN2983.JPG
今日から土曜日も営業、4月からは日曜日も営業だそうです。
スタッフは相変わらずのゆったりペースだけど、
外のベンチで気持ちの良い風に吹かれてうとうとして待っていればいいんだから、気にしない。
12時ちょっと過ぎに行ったのに、品切れまじかだったのも相変わらず。
でも天ぷらはセルフサービスになっていたし、呼び出し用のポケベルもあって成長していました。
(島の人は、自然現象のように努力を必要としないものに対しても「成長」という言葉をよく使います。
 そのせいで学校では時々むかっとくることもあるんだけど、それはまた別の時に。)
DSCN2981.JPG

お目当ては、車海老フライ定食、900円。
車海老がまるっと5尾ものっているんですよ。
塩焼きだと5尾で700円だったから、定食でこの値段はお得です。
FBに「東京でなら2500円するかな」と書いてあったけど、納得です。
エビフライは、文字通り頭の先から尻尾の先まで、全部丸かじりです。
かじっていると、どこの部分なのかはわからないけど、ほのかにほろ苦さが。
DSCN2980.JPG
汁が多いかアーサが多いかというくらいに、アーサがたっぷり入ったアーサ汁に、モズクの酢の物も。
もちろんどちらも久米島産。
アーサがほろ苦くておいしい。
自然のものは山も海も、春でもいつでもほろ苦い。

海の幸のおいしさを味わいながら、山の幸のことを思っていました。
わらび、とれないのかな。
欲張りな私です。
海人食堂のみなさん、がんばって続けてね。
だってマンビカー(シイラ)フライ定食も魚汁定食も食べたいし。
もし息子たちがまた遊びに来てくれたら、
魚のせりを見せてそのあと絶対にここに食べに来るから。

おまけ。
港の近くに、こんなしゃれた集合住宅がありました。
いいな。
多分漁協関係者用の住宅なのでしょう。
民間ではこんなおしゃれな建て方はできないよ。
でも台風の時には風の音、雨の音、海の音で、3倍こわいだろうな。
DSCN2977.JPG



この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31