修了式・離任式

学校の1年を締めくくる2つの行事、
どちらにも、離島ならではのことがありました。

まず修了式。
小さい学校なので、1学期と2学期の終わりの式はランチルームで行いますが、
修了式と離任式と、着任式と1学期の始業式は体育館で行います。
おかげで、久米島一のピアノの出番もあるというものです。
子どもたちが修了式にもらう「よい子のあゆみ」(通知表)ですが、
なんと、1冊のクリアファイルに入っています。
何回も行うテストの結果と分析が、資料となって入っています。
業者テストのおまけでついてきたソフトが作ってくれるんだけどね。
正直言って、親は見るかな。
見たとして、それが次につながるかな。
でもまあ、始めてみないことには、ということなのでしょう。
封筒に、かわいいリボンのついているところが救いかな。
DSCN3040.JPG


それから離任式も修了式の日に同時に行われます。
名古屋では、離任式は4月になってから行われますが、
離島ではそう簡単に行き来ができませんから。
去っていく先生が、子どもたちへのプレゼントにお菓子の詰め合わせを作っていました。
15人分だから、できるよね。
この1年、こういうお菓子や食べ物のやり取りがよくありました。
DSCN3039.JPG

修了式の数日後、先生方が島を離れる時には、子どもを乗せた学校車が出ます。
フェリー港か空港まで見送りに行くのです。
都合がつく場合は、保護者も来ます。
私も遊びに行くのをもうちょっと遅らせて見送りに行けばよかったかな。
でも、そのうちには自分が見送られる番になるんだから。

新しい先生が島に到着する時も出迎えに行きます。
こちらは写真で見ましたが、なかなか派手です。
「〇〇先生」と大書したのぼりと、大横断幕「比屋定小学校へようこそ」とでお出迎えです。
それを見て新任の先生が寄ってきてあいさつ、記念撮影となるわけです。
複数の学校が重なることもあるわけで、
空港のロビーはさぞかしにぎやかなことでしょう。
でもね、一連の騒ぎが収まると、みんなさーっといなくなっちゃうんですって。
なにせ勤務時間中だから、さっさと学校へ戻らないと、というわけです。
昨年の5月に私が来た時には…何もなかったよ。
到着する日も便も分かっていたんだけど、ゴールデンウィークの最中だったから、
だれも島に残っていなくて、
じゃあ仕方がないね、とうことだったそうです。
仕方がないんだけど、ちょっとくやしい。
そんな迎えられ方をしたら、どれほどに感激するだろうかと思うと。

フェリーターミナルの近くの公園。
この遊具、最近できたみたいです。
マストのてっぺんの旗印は、ウミガメが久米島を中心にした地球を背負っています。
ジブリの人のデザインだそうです。
町営バスや空港や、町のあちこちで見られます。
大きくなった子どもたちが、くめじまんちゅであることを旗印にして、
世界へ飛び出していってほしいものです。
DSCN3041.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31