総会のお知らせ

新緑の頃、製糖期も終わりキビの手入れで大変忙しい時期でありますが、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。さて本部落では下記の日程で部落総会を開催します。つきましてはご出席致しますよう(ママ)ご案内申し上げます。
という連絡が来ました。
「キビ(サトウキビのことです)の手入れ」というところが、
いかにも久米島、比屋定らしくて気に入っています。
キビの刈り取り・製糖工場への搬入が終わったのに忙しいというのは、
勤勉な人はキビの春植え(1年で収穫できる)で忙しく、
普通の人は夏植えの準備(収穫までに1年半かかる)に忙しいということです。

それにしても、ここの人たちは、集落ではなく、部落という言葉を日常的に使うのですね。
私のこれまでの生活では、部落=被差別部落ということで禁句でしたが。
これからは、このブログでも部落の語を使うことにします。
みんなが使っているのに使わないのは、
意識しすぎているようでかえって具合が悪いというものです。
午後3時スタートで会費無料というと、お酒は出ないのかな。
まあどのみち私は名古屋に戻るので出られないのですが。

総会といえば、日曜の朝に突然電話がかかってきて、
豚汁があるから隣の集落、ちがった、部落の宇江城公民館へ鍋を持って来いだって。
もちろん行きましたよ。
土曜の夜に成人会総会があって、大鍋1杯の豚汁を用意したのですが、
会がずいぶん荒れたらしく、大量に残ってしまったんですって。
DSCN3092.JPG
なぜ荒れたかというと、参加者の1人が暴れ出したらしいんです。
暴れ出したのにはちゃんと理由があって、
この人が何か発言しようとすると、
まあまあとか、おまえはまあ黙っていろとか、
みんなが寄ってたかってしゃべらせないようにしたんだって。
ターゲットにされてしまったこの人、悪い人じゃないんだけど、
なにせ酒が入るとやたらとおしゃべりになるので、
それでこんなことになってしまったんじゃないかな。
他にも、似たような話を聞いたことがあります。
島のおじいやおとうたちは、こういう大人げないことを平気でするらしいんだよね。
娯楽の少ない山の中だから、
ターゲットの反応を面白がって楽しんで、遊び感覚なんだろうけど、
ターゲットにされた方はたまらないよ。
それも酒を飲んでのことだから、でおしまいになるんだろうけどね。
狭いコミュニティだもの、水に流して忘れるしかないってことでしょう。
まあおかげで私は、久米島そばを買ってきて、学校畑でとれた春菊とにんじんをたっぷり使い、
牛そばならぬ豚そばを味わうことができましたが。

おまけ。
運動場へ下りる斜面の段々も、今年はすべて耕されます。
DSCN3082.JPG
種を蒔くまでは、草が生えてこないようにマルチカバーで覆います。
DSCN3055.JPG
この夏は学校中をひまわりで埋め尽くすんだって。
なにせ校長は、ひまわりの種を1000粒注文したって言っていたから。
教頭も、この春最初に咲いた花からできた種を蒔いているし。
及ばずながら私も蒔いて、苗をつくることにしました。
種だけなら、私だって1000粒以上確保したさ。
なにせ久米島では、ほぼ1年中ひまわりは咲くんだから。
DSCN3102.JPG





この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31