魚尽くしのその後

HKさんにもらった魚、とても1人では食べきれないから、近くに住んでいる同僚たちに配りました。
正しくは配ってもらいました、だけど。
隣室のHさんが切り分けて配ってくれたので。
私では、そして私の包丁では、切り分けることすらできないから。
それなのにみなさんに喜んでもらって、
ありがとう、おいしかった、うれしかったの嵐で、
実際逆の立場で私がもらったとしても、それはむちゃくちゃうれしいと思うけど、
だって通常のルートではなくて、この地に住んでいる地縁でやってきた魚だもの、
なんだか私ばっかりお礼を言われて、HKさんに申し訳ないよ。
まあHKさんは、人に何かをしてあげることが好きなタイプの人なのでしょう。
去年の夏、学校へも牛の堆肥をたくさんくれたし。

ちなみに魚をもらった人は、みな口をそろえて「刺身と煮つけにして食べた」と言うんですよ。
それで私も、ネットでレシピを探して、もやしとハンダマーとコーレグースで煮つけにしてみました。
刺身では食べられないような量も、さらっと食べてしまいましたとさ。
ツナステーキという話は全く出なかったんだけど、
私は久米島産バジルソースでやってみるつもり。

HKさんの本業は、酪農です。
仔牛を育てて大きくして売る。
HKさんの牛舎をのぞいてきました。
夕方だったので、暗くてはっきりしない写真ですが、仔牛(生後1か月)もいました。
あとで聞いた話なんだけど、この仔牛の母親は死んでしまったんだと。
だからHKさんは2週間の間、この仔牛に哺乳瓶でミルクを飲ませていたんだって。
この母牛の子どもも、出産で引っ張り出す時に死んでしまったんですって。
でもこの母牛は、自分の乳でよその子を育てることにしたのだそうです。
不幸中の幸いです。
DSCN3232.JPG
競り市のことについて書こうと思ったのに、
前置きが長くなってしまいました。
競り市の報告は、また今度。

おまけの写真 その1、ミネオラ。
アメリカ産で、味はオレンジなんだけど、
手で皮をむけるし、中の袋もとらずにそのまま食べることができるという点は、
まさに温州ミカンそのままです。
ゴールデンウィークの110連休には、名古屋で毎日のように食べていました。
だから、久米島にも売っているのを見つけたときにはうれしくって。
ちょっと小粒だけど、久米島のうちの常備果物になりそうです。
DSCN3227.JPG
おまけの写真 その2。
シーサーのコースター、割れてしまいました。
全国刑務所手作り品の展示会で買った、お気に入りだったのに。
特に重いものをどんと置いた記憶もないのですが。
割れ目からどんどん壊れていきそうで、不安です。
今年も売っていたらまた買うんだけど、どうかしら。
DSCN3263.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31