梅雨に入ったから、散歩

平年より1週間遅れで梅雨に入りました。
去年はさらに遅く6月1日、空梅雨で、
梅雨なんだかどうかよくわからないようなうちに、平年並みの6月23日にはあけたものの、
その後は大雨、土砂崩れ、通行止め、台風と、ろくでもない日々が続いたのでした。
それでも、梅雨時期の本来の湿気はこんなもんじゃないぞ、と脅されています。
5/20の朝は、180mm/hの大雨です。
久米島の雨は、ほんとうに荒っぽい。
屋久島で大雨で山中に取り残された人たちが下山する様子を見ましたが、
ロープをつたって、胸までつかって濁流を渡るなど、
かれこれ3年ちょっと前、ニュージーランドのミルフォードトラックを歩いた時のことを彷彿とさせました。
あのときはただただ夢中で気付かなかったけど、
やっぱり遭難状況だったんだね。

日曜日、学校へピアノの練習に行きました。
体育館のステージの隅っこは、風が入りません。
まあサウナでダイエットだと思えばね。

帰り道、ちょっと足を延ばして久々に散歩してきました。
今度はいつ、降らない週末に会えるかどうかわからないからね。

こんなものを見つけました。
洗濯機の中に入っていた洗濯槽らしい。
取り出してふたをつけて、ゴミ箱にしたんだね。
可燃ごみをここへ入れておくと、週3回収集に来てくれます。
DSCN3275.JPG

突然道が真っ白になったのであれっと上を見上げたら、やっぱり。
フクギの花でした。
DSCN3276.JPG
これです。
とくに香りはないんだけど、黄色がかった白い小さい花がたくさんついています。
フクギは防風林として、どこの屋敷うちにも植えられていました。
切ってしまったうちもあるけれど、
島の景観保全地区・真謝(まじゃ)では、1本切ったら1本植えることになっているそうです。
DSCN3278.JPG

人家が途切れると、海へと続く坂道。
海と空がつながって広がります。
DSCN3279.JPG

畑のサトウキビが刈り取られて、
春植えのものは丈がまだ短いし、
比屋定の里はすっきりと広がっています。
ただ私のカメラだと、切り取れる幅が狭くて、この気持ちのいいのびやかさがとらえられない。
今度タブレットで、ワイド撮影に挑戦してみようかな。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31