久米島でもジンギスカン

雨天決行の当日、日曜日。
職員は、なんと朝7時集合。
私はいつもと同じで8時版過ぎに家を出たけど。
そのかわり、夜の会のための一品、里芋をゆでていました。

学校では、こんな雨天用テントが立ち上がりました。
業務用ビニールで雨避けを作り、さらにガムテープで補強してスリットまで入っている。
以前この島のおとうたちは、業者いらずの業者泣かせと書いたことがあったけど、
これを作った人は、おとうの1人だけど屋外作業のプロです。
なにせ送風機まで持ち込んだんだからね。
DSCN3347.JPG

この人たち、本当にこういうイベントが好きなんだ。
何かをやって楽しんで楽しませて、そしてお金も手に入るという。
そういえば私も、バヌアツにいる時はそうだったっけ。
ただ先生たちは仕事がらみだから負担感が否応なしにのしかかるのです。
かくして、8日間連続勤務がようやく終わったのでした。
DSCN3345.JPG
夕方からは、お約束のBBQ懇親会。
大雨の中で、屋根の下とはいえ半ば濡れながら。
おまけに学校の敷地内ですから、勤務時間外でも酒はご法度。
ほんと、よくやるよという感じではありますが、
他にさしたる娯楽もない離島の山の中では、結構楽しいんだよね。
今回の目玉は、北海道より直送のジンギスカンとアスパラガス。
メンバーの1人が実家から送ってもらいました。
DSCN3353.JPG
ちょっと曲がっているし、太さも不揃いだからということで、
B級品扱いのアスパラガスも、地元の人だけの特権だよね。
DSCN3354.JPG
こういうことなら、私も名古屋のうちにほおってあるジンギスカン鍋を持ってこようかしら。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31