スリランカ編のおまけ

JICAのホームページをチェックしていたら、
「2019春募集のスリランカ国派遣取りやめ」のニュースが載っていました。
理由は、4/21の爆弾テロ事件を受けて、今後の治安状況が不透明であること、だそうです。
6/6の日付だったから、2次試験の面接直前です。
ギリギリまで派遣の可否を検討したということなのでしょう。
42件の派遣要請が水の泡と消えてしまったことになります。
1次試験に合格した人たちは喜んでいたろうに、お気の毒ではありますが。

現在派遣されている人たちの帰国にまでは至っていないようですが、
私の任期中でもバングラデシュで全員引き揚げがありました。
チュニジアで同様の出来事に巻き込まれた人は、
1週間後には出国という指示を受け、身辺整理に追われてきりきり舞いだったそうです。
バヌアツでは、夜間外出禁止令は出たけど戒厳令までは出なかったし、
やはり平和な国だったのでしょう。
それにひきかえ今度行くかもしれない国ジャマイカは、
乗り合いタクシーは危険だから、移動には自分で車を運転しろとか、
なかなかなかなか・・・です。
でも中米の国々はみんな似たりよったりなんじゃないかな。
その分JICAのセキュリティ対策がしっかりしていて、
必要ならば活動場所まで door to door で送り届けてくれるという情報もあるので、
行くかもしれない国ではなく、行けるかもしれない国と言い直します。

本題に戻ります。
スリランカ旅行でのこぼれ話ならぬこぼれ写真、ばらばらっと載せますね。
まずは初日、バンコクで仮眠したホテルで渡された封筒。
中に入っていたのは、トイレットペーパーでした。
ロールをほどいて、そのままペタンと折り曲げただけ。
IMG_20190324_054432.jpg
初めはなんのことかわからなかったけど、トイレへ行ってみてわかりました。
紙が置いてない。
そもそもトイレというのが、名古屋でいうと地下鉄の駅のトイレみたいで、
だだっ広い地下道の壁際に設置された公衆トイレだから。
だいたいホテルそのものが地下道にパーティションを置いて部屋を作っているだけだし、
近くにはカプセルホテルみたいなものも置いてありました。
IMG_20190324_061048.jpg
さすがにちょっとわびしかったし、それにしては値段も高いんじゃない? とも思いましたが、
なんといっても近くて便利だし清潔だから、また使うんじゃないかな。
それにこの封筒セット、中味を補充しつつ、その後のスリランカ旅行でも大変役に立ったし。
もしかしてこの話、以前にもう書いたっけ? 

2枚目は旧王宮のすぐ下、キャンディ湖畔に復元された王妃の水浴場です。
湖の一画を取り込んでいます。
まだ完成前なのか立ち入り禁止で、外から撮ったのでぼやけてはいますが、
石の彫刻や太い柱など、
とても豪華な雰囲気はお分かりいただけると思います。
IMG_20190328_070108.jpg
こちらがこの水浴場を使ったであろう王妃様と王様です。
旧王宮の一部を使用した博物館の展示から。
IMG_20190327_132840.jpg
現代の結婚式の衣装にも受け継がれていますね。
IMG_20190328_075903.jpg



この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29