子どもたちに知らせたい3つの日

「この3つの日については、子どもたちに知らせていく責任が私たちにはあります」と校長先生が言いました。
3つとも、沖縄の人でないとピンとこないでしょうね。
私も、去年はそうだったから。

① 1951年4月28日
 サンフランシスコ講和会議で、沖縄が日本から切り離され、アメリカの施政下に置かれることになった日。
② 1972年5月15日
 27年ぶりに、沖縄がアメリカから本土に復帰した日
③ 6月23日 慰霊の日。
 1945年のこの日に沖縄の日本軍司令官と参謀長が自決し、日本軍による組織的な戦闘が終わった日、沖縄の日本軍が消滅した日です。

①と②については新聞等のニュースでこそ取り上げられますが、
久米島の人々の生活の中でとりわけ何かを行うというわけではありません。
けれども③慰霊の日は別格です。
休日になるくらいですから。

学校図書館では年に何回かの読書旬間がありますが、
今回のテーマは「平和について考える」です。
展示コーナーより。2年生3年生の子どもたちによる平和かるたです。
DSCN3399.JPG
艦砲射撃と空爆が中心で、
地上戦がなかった久米島でも、
やはり戦争のもたらす悪夢からは逃げられませんでした。
DSCN3400.JPG

今年の6月23日は今度の日曜日です。
会場となる上田森公園(日本軍がいたところ)では、
式典に備えての環境整備が進められていました。
比屋定校を代表して6年生2人が参加します。
久米島の人々にとって、大切な日です。

この記事へのコメント