こんな日もある

三線のお稽古日。
30分くらい、いつものように既習曲をさらっていたら、
先生に「とてもいいですよ」とほめていただきました。
この日はとても調子が良かったのは自分でもわかりました。
先生の弾く三線と私の弾く三線が、気持ちがいいくらいぴたっとあう。
歌もたっぷりと歌えたから、もしかしたら多少キーがさげてあったかもしれないな。
三線の場合、3本の絃の音程は固定ですが、
キーはかなり自由に変えられるから。

古典中の古典「かぎやで風」、相変わらず苦戦していますが、
「初めはなんだこの曲は、わけがわからないと思っていましたが、
 練習すればするほど好きになってきました。」
と先生に伝えたところ、
先生はちょっと驚いた様子で、でも
「ありがとう」とおっしゃったので、
え、なんでありがとう? と、今度は私がびっくり。
先生いわく、この曲は本当に特別な曲で、
子どものころから周りの大人が歌うのを聞いて育つ、
それでも何度歌っても飽きることはない、と。
1年ちょっと沖縄で暮らして、それは分かる気がします。
冠婚の場はもちろん、
町の新人歓迎会でさえ、学校紹介の登場曲に使われるくらいですから。
それも踊り付きで。

おけいこには、いい時と悪い時とがある。
歌も三線も、ある日突然、水の中からぽーんと浮き上がって息ができるような、
そんな感じの時がある。
だから練習を続けるしかない。
そして先生は、ごちゃごちゃ教えたりせず、
じっとその時が来るのを待っていてくれます。
なんてすてきな経験なんだろうと思います。

おまけ。
私の住む教職員住宅の土間に、
肥料の袋に入って大量の野菜が置いてあったんですって。
「みなさんで食べてください」の手紙つき。
名前はなし、でもきっと近所の人なんでしょう。
ありがたくちょうだいすることにし、4人で分けました。
それでもこの量です。
ピーマン、オクラ、キュウリ、ナスはわかりますよね。
茶色いのはモーウィ(赤瓜)といいます。
大きくなりすぎたキュウリの味というか、小さい冬瓜の味というか、
とにかく水分たっぷりで、皮むき器で削って、そのまま食べることもできます。
大量なので、いちいち使い道を考えるのもめんどうなくらい、
別の人からもらったゴーヤとジャガイモも入れて、夏野菜カレーでも作ろうかな。
残念ながら地元のトマトは端境期なのか手に入らないので、トマト缶ですが。
DSCN3401.JPG
こういうふうにあちこちからもらえるので、
2/3が過ぎたというのに、今月の食費はいまだ4000円しか使っていません。
アルコール代の方がよっぽど高いよ。

でーきた。
野菜ごろごろ。
もうちょっとスープっぽいものをイメージしていたのですが。
このごっつい鍋、50年前に亡き母が買ったものです。
我が家がオール電化になった折にも、母が亡くなった折にも、捨てられませんでした。
そしてプロパンガスの久米島へ持って来たわけですが、大活躍中です。
1人暮らしとはいえ、煮物って、ある程度量がないと作った気にならないよね。
生きていれば喜んで久米島へ遊びに来たであろう母のことを思うと、
捨てなくてよかったなと思います。
この鍋、きっとまた名古屋へ持ち帰ると思うな。
DSCN3403.JPG


この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30