続・フィリピンからのお客さん

フィリピンから来た女の子、がんばっているよ。
親の都合でまったく見ず知らずの日本に連れてこられて、
そこで前向きに生きていこうなんて、
すごいチャレンジ精神だよね。
それでも、
ちょっとしたお店にはライフル銃を持ったガードマンが立っている国からやってきて、
この日本で生きていく可能性を得たというだけで、
この子はすごいチャンスをつかんだわけだから、
そのチャンスをできるかぎりに生かしてほしいと思うのが人情じゃないですか。

久しぶりに英語で算数の授業をして、頭が疲れた。
5年ぶりかな。
でも少しずつ思い出してきました。
たまたま那覇の教育事務所から視察に来ていた人たちが通りかかって、
目をむいていました。
そりゃそうだよね、
英語で算数の授業をするような先生が、
那覇ならともかく久米島では私1人でしょう。
那覇にだってそうはいないと思うよ。
英語を話せる人はたくさんいるけれど、
算数を教えるという技能はまた別だからね。
どんなに英語がまずかろうとも、私はその両方を使える。
合わせ技で1本、というところかな。

ジャイカの2次試験の結果を待ちながら、
いまだに合格しても行くべきかどうか、(合格できるかどうかも分からないのにね)
1日に何度も自問自答を繰り返しています。
でもね、うぬぼれではなく私は思ったのですが、
私が身に付けた技能は、誰かのために使うべきだろうな。
だれかの役に立てて喜んでもらって、
そしてだれかに喜んでもらうことで私もうれしいのだから。
まあ私のことですから、
ジャイカがダメだったとしても、どこかに生かしどころを見つけるとは思うけど。

この子のために、
文字の練習用ワークシートを作ってみました。
赤い点は始筆です。
1枚で、日常生活に必要な日本語の発音と、意味と、
書き方まで憶えてしまおうという欲張りなプリントです。
もっと小さい子ならともかく、もう4年生ですから、
必要な言葉から泥縄式に覚える方がいいかなと思って作りました。
本人は喜んでやっているし、なかなかいいみたいだよ。
そういえばバヌアツでも、
学校でビシュラマ語(バヌアツの公用語で、ピジン英語)を教えることが決まった時、
「ティーチャーズ・ガイド(指導書)がないから教えられない」なんて
先生たちが言うものだから、
そのあまりの怠惰ぶりに怒った私が、
こうやってやるんだよ、と、バヌアツの子どもたちにビシュラマ語を教えたのでした。
創意工夫って、世界中のどこにいても大切さ。
そしてそれが楽しい。
DSCN3404.JPG



この女の子、
9月から正式に編入できるといいけれど、
いろいろな手続きのために
10月になるか11月になるか、わからないんだって。
この子の、日本人の義理のお父さん、65歳だったかな、
この子が日本の学校生活になじめるように、ほんとうに頑張っているよ。
子どもが日本での生活になれれば、そのお母さん=妻も安心できるし、
そうなれば自分たちも家族として幸せになれるさ。
これまで日本の男がフィリピンの若い女性と結婚することについては、
なんだか金にあかせて、というイメージがあって、
60歳も過ぎて若い女に子どもを産ませて、
いったい何を考えているんだ、親としての責任を果たせるのかと思って、
とっても嫌だったんだけど、
そうでないケースもあるんだね。
お金も手間も時間もむちゃくちゃかかるけど、
そして恋心から始まるものではないにしろ、
なんとかがんばって、
小さな幸せを作り上げようとする人たちもいるんだなと思って、
そう思ったら応援しないわけにはいかないじゃないですか。

こういうふうに思えるところが、多分私のいいところ。
誰も言ってくれないだろうから、自分で自分をほめておくことにします。

おまけ その1。
台風が来るんじゃなかったっけ? といいたくなるような夕日。
私の大好きなタチジャミ公園からの風景です。
こんな風景をね、私は独り占めしているんだよ。
DSCN3498.JPG
おまけ その2。
インストラクターが撮って送ってくれました。
白黒縦じまの小さい魚がオヤビンチャです。
オヤビンチャが群れてひらひらしているのは、
キラキラ光っているようで、とてもきれい。
早く私も、こうやって下から撮れるようになりたいな。
シュノーケル.jpg

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31