中小田井散歩

金曜の午後半休を取った息子と、スーパー銭湯山王温泉で待ち合わせ。
名鉄電車に乗っていくので、最寄りの中小田井駅までふらりと散歩。
暑いけど。

岩倉街道というのは、枇杷島の青果市場と郊外の生産地を結んだ街道で、
江戸時代から栄えていたそうです。
中小田井は、ゴールの枇杷島へと続く上り坂が始まる地点で、
行きは休憩、帰りはみそ・しょうゆ等を買うところとして栄えた集落。
蔵が何棟も立ち並んでいます。
DSCN3753.JPGこのおうちは、50年前も燃料を扱うお店でした。
DSCN3755.JPG
コミュニティセンターみたいにしているのかな。
DSCN3750.JPG
このおうちは、50年前もいつも季節の花が飾ってあったっけ。
DSCN3749.JPG
この黒い大きな壁の前の小路を入ると、とたんにタイムスリップしたような気がしたものです。
DSCN3745.JPG
50年前、私はよくこのあたりを歩いていました。
この界隈にはお寺がたくさんあって、
その中の1つ、東雲寺へピアノのお稽古に行っていたから。
今は整備されてなんだか小ぎれいになっていますが、
当時はもっとごちゃごちゃとした感じでした。
それでもこのあたりは、
だれに教えてもらったわけでもないのに、
なんだか特別なところのような気がして、
子どものくせに、とても好きだった。
変わった子どもだったんだね、きっと。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31