庭のお化粧直し

私の大好きな庭、できてから3年と半分が立ちました。
できたばかりの時はさみしいほどがらんとした庭でしたが、
木々はみなしっかりと根付いて茂り、
そろそろ1回目の剪定の時期です。
庭師さんに入ってもらいました。
今回は高木を中心に切るそうです。
DSCN3785.JPG

まだまだ暑い日が続くので、幹や枝を強い日差しから守るために、
葉はそこそこ残しておかないといけないんですって。
それでも、軽トラにいっぱい分、刈り込みました。
DSCN3787.JPG
できた。
すっきりしました。
道行く人の姿が見えるようになった。
暴風警報が出ているので、風に揺れていろいろな緑が混ざります。
オリーブやハナミズキの葉裏は、表よりも淡い優しい色なんですよ。
DSCN3803.JPG
春には白い花がたくさん咲いて黄昏時にかすみ、
夏にはいろいろな葉の色を楽しみ、
秋には木の実がたくさんなって、
冬には野鳥が実をついばみ、水浴びをしにやってくる、
それが私の庭です。
ぼおっと見ていると、時間なんてあっという間に過ぎてしまう。
この庭と別れるのは本当につらいです。

次の剪定は2年後だそうです。
その時は高木も低木もしっかり刈り込めばいいんですって。
時期としては6月か10月がいいというお話でした。
2年後の6月か10月、私はいったい何をしているのだろう。
庭師さんの話によると、今名古屋では
みんなが敷地いっぱいに家を建ててしまい、庭をつくる人がいないのだそうです。
つまり、うちの庭は絶滅危惧種だというわけですね(笑)。
離れていても、大切にしていきたいと思っています。

おまけ。
庭のベンチの友、蚊取り線香と三角枕とipad。
三角枕はその昔、タイのどこかの町で買いました。
今はね、もう買えないんだよ。
いつの頃からか、芯がワラだから、
日本国内へ持ち込めなくなってしまったので。
夜になると小さな灯りがついて、夜釣りの船みたいに浮かび上がる感じ。
ただね、闇が薄い。
星もぼやけているし。
そんなときだけは、島の天の川が懐かしくなる。
DSCN3806.JPG

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31