牧草を刈る

いったいどこの国の、どこの土地の夕景色なんだろう。
そんなふうに思いませんか。
DSCN3858.JPG
私の住む久米島、宇江城の村はずれにある牧草地、
この日の夫の仕事場です。
刈り取った牧草を天日で乾燥させます。
トラクターの後ろに取り付けられた機械が乾燥した草をばくばくと食べて、
お腹がいっぱいになると自動的に、ぼこっと大きなロールを吐き出します。
なんだかとても人間的な動きで、コミカルで、機械とは思えない。
コロちゃんとかパックンチョとか、
何かかわいい名前を付けてあげたくなります。
DSCN3862.JPG
乾燥中に雨が降ってしまうと、
何度も草をほぐして中まで乾くようにしないといけません。
天気次第では時間もかかるし、
明日から雨が降ろうかという時には、徹夜で仕事をすることもあるんですって。
里はまだいいけれど、
山に入ると天気は不安定で、毎日のように通り雨に見舞われる。
特に今年は異常気象なのか、雨にたたられて仕事が遅れているって。
雨が降ったら仕事は何にもできないし、
農業って、ほんとに天気に振り回されるんですね。
だから土日祝日も関係ない。
農業の人も漁業の人も、雨が降ったら・・・飲むしかない。
酒に強くなるはずです。
こんなことは頭では分かっていたことですが、
夫の生活を通して、身をもって知りました。
DSCN3860.JPG
青い空、白い雲、青い海、のびやかに続く水平線、黄金色の大地、
ゴッホの絵のような、ほんとうに素晴らしい景色です。
この日この時に、ここに立っていることの幸せをかみしめています。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29