続・成年会で観月会

曜日に関わらず毎月20日と決まっている宇江城の成年会ですが、
週末が中秋の名月と重なったこともあり、
今年は9月13日の金曜日に引っ越しです。
いつもは屋内で開かれる飲み会も、今日は外です。
家族連れでどうぞ、はまだまだ認知されていないようで、
子どもたちは数人来ていましたが、女性は残念ながら私だけでした。
DSCN3947.JPG

時折雲間から月ものぞき、本物の観月会となりました。
観月会と名のつく飲み会は多いけれど、この夜のような本物の会は少ないそうです。
DSCN3948.JPG
会の途中では、私と夫のことも披露され、
夫はもういいかげんに酔っぱらっていてしどろもどろでしたが、
校長先生もあいさつ、私自身もあいさつしました。

参加している人たちと、いろいろな話ができました。
瀬戸大橋をかける工事に参加した人は、3.7ミリのこだわりについて語っていました。
大阪で麻薬Gメン? を退職して島に戻ってきた人とは、英語で話をしました。
英語を話す機会がない、と嘆いていらっしゃったので。
仕事柄か、ちょっと固いけど、お上手でしたよ。
この人、三線も弾く人なんだけど、
歌声サークル? も主催していて、比屋定でもやりたいな、
ピアノを弾いてもらえますか、みたいな話になって、
私からも、子どもたちの二部合唱に参加してもらえないかと打診しておきました。
都会で暮らしていたものから見た、農業に培われたしまんちゅの気性、
そこから生まれる島での暮らしやすさ等、
視点が同じだからか、話が弾みました。

私は夫の配偶者として村人生活を始めるわけですが、
それだけではなく、1人の個性ある人間としてここで受け入れてもらえると思う。
それは、比屋定校の先生として活動した日々があったからだと思います。
島ならではのいろいろな人や物とつながって、
私自身も何かをする人として生きていけると思う。
ほんとうに人生、無駄なことは何も、ない。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31