なんでも業務用

コショウ、ドレッシング、サランラップ、食品のケース買い・・・
うちではすべて業務用もしくは業務用サイズです。
大きすぎて、私の手では持ちにくい。
フライパンにシナ鍋、もちろん鉄製の重いものです。
持ち手まで熱くなるタイプだし、私にはとても扱えない。
小さな鉄のフライパンもあって、
1人分を取り分けて調理したりするときに使う。
盛りつけは、小鉢に少しずつ。
だから、いろいろな種類の料理を少しずつ、たくさんの食器で食べる。
私だったら、料理の種類も食器も半分で済むのになあと思う。
夫はもとコックで、お店もやっていたりしたらしいから、
そのスタイルを踏襲しているのかなあと思っていましたが、
もう1つの業務用も発見しました。
まかない飯、です。
お義母さんと私用には、ちゃんとテーブルに料理を並べるのに、
自分は大きい器にご飯をつけて、その上におかずをかける。
ぶっかけご飯ですよね。
それを持ってテレビの前に陣取り、1人もくもくと食べる。
ほんと、変なの。

最近は、私が食事を用意することもあります。
日曜日の昼食は、
栗ごはん、かきたま汁、ゴーヤのコンビーフ炒め、デザートはパイナップル。
ちゃんと夫の分もテーブルに並べて「はい、どうぞ。」
困ったような顔をしていた夫ですが、
「あんたもこっちでいただきなさい」というお義母さんの援護射撃もあり、
(教員だった私たちには、
 みんなで一緒に食べるという給食スタイルが体にしみこんでいるからね)
しぶしぶ席については見たものの、
やっぱり途中からまかない飯スタイルになってしまったのでした。

私の作った料理の感想はというと「食べられればなんでもいいよ」だそうです。
栗ごはんなんて、息子たちにも食べさせたことがないというのに。
そりゃあ私は、鰹節と煮干しで汁のだしをとったりはしないけどね。
聞かなきゃよかった。
無口の方が、まし。

おまけ。
夫の実家の玄関からの景色。
カジマヤーに備えて、庭木を伐採しました。
すっきりしすぎるくらいにすっきりして、
目の前に宇江城の山がすくっと立っているのが見えるようになりました。
DSCN3979.JPG
庭師さんいわく、「木を植えすぎ。」
なるほど、防風林とは違い、花が咲く樹に咲かない木、いろんな種類の木が植えられています。
名前は知らないんだけど、特に面白いなと思った植物が、これ。
DSCN4014.JPG


緑の葉を全部刈りこんでしまったというのに、
2,3日もすればほらこのとおり。
なんて強い生命力。
それを見逃さずに取りついているカタツムリもすごい。
DSCN4015.JPG


この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年10月
      1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31