2年目、比屋定の秋

2学期になって初めて、
ピアノや三線のおけいこ、町まで下りて行ってお買いものなど、
ひまだなあと思えるほどの、ゆったりとした休日を楽しむことができました。
ずっと散歩もしていなかったんだけど、
まずは徒歩通勤から再開するつもりです。
この写真の小さな建物は、多分御嶽(ウタキ)。
教員宿舎のすぐ近くにあります。
どうして今まで気づかなかったんだろうと思うくらいです。
DSCN4138.JPG
比屋定井戸(通称ヒーガー)に覆いかぶさる、名も知らぬ赤い花。
DSCN4140.JPG
カタツムリだって、木の実がなるようについています。
DSCN4143.JPG
秋まき野菜の用意ができた畑。
耕運機の入らないふちっこには、萱草の花が咲いています。
DSCN4145.JPG


気持ちにゆとりがないと、散歩も楽しめませんね。
夫の実家はカジマヤーの後片付けが全くできていなくて、
とにかく荷物が突っ込んであるだけ、というおそろしい状況になっていますが、
幸か不幸か、私は知らんぷりできる状況なので、シランプリ。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31