無人島? 探検

久米島の近くには島が2つあります。
オウ島とオーハ島です。
オウ島との間には橋が架かっているし、
この島にはハブがいないのでキャンプ場もあります。
海洋深層水のバーデハウスやウミガメ館もあります。
オーハ島の方は、最盛期は20世帯くらい?あって、
電気もガスも通っているけれど、現在1世帯だけ、住んでいます。
だから、正確には無人島ではないんだけどね。
でも船がないと行き来できないし、
住人以外はめったに足を踏み入れることはありません。

住人以外で足を踏み入れる数少ない人、
それがいつもシュノーケルでお世話になっている船長さん。
手前の、白いカバーのついている船です。
DSCN4174.JPG
先日シュノーケルを楽しんだ帰り、
なんだか船足が急にゆっくりになったと思ったら・・・
なんとオーハ島に着いたではありませんか!
船長さんは、この島の水道のメーター検針を委託されているんですって。
といっても1軒だけどね。
郵便物の配達も委託されているそうです。
ときどき郵パックなんかが届くんですって。

もちろん私は、船長さんにくっついて上陸し、家をのぞきに行きましたよ。
昔ながらの古民家です。
子どもたちが顔をのぞかせて、もの珍しそうに見てきます。
そうだよね、めったによその人なんかとは会わないよね。
6人の兄弟姉妹、来年には7人になるんですって。
みんなたくましいよ。
はだしで砂浜までかけてきて、船が見えなくなるまで見送ってくれました。
「また来てねー」と手を振りながら。
写真がないのは、カメラが水没してしまったからです。
防水のはずなのに、いきなり水が入ってくるなんて、ひどい。
まだ1年しか使っていなかったのに。

船着き場(といっても、ただの砂浜だけど)で拾った貝殻。
細い方はヒラジャーとかいって、おいしいんだよ。
A9AB7A36-36AC-4B77-A288-CAA1D74E617C.jpeg

いちばん上の子が小学1年生だけど、
週に3日くらい、お父さんが通勤時に送ってくるそうです。
うーん、豊かな自然に包まれたすばらしい生活ではあるけれど、
学校へは毎日通わせてあげてほしい。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31