村の生活

村の水道水といい、家庭用井戸や貯水タンクといい、
水については、驚かされることばかりです。
うちの水道は、すごい勢いで水が出てくるのですが、
それは貯水タンク経由でなく、地下の水道管から直に出てくるから。
貯水タンクはあるにこしたことはないんだけど、
新規に買うとなるとすごく高いんだって。
それに井戸水や井戸水を濾過した比屋定の水は、
酸性度が高くて、ステンレスのタンクでは穴があいて漏水もおきるので、
近頃では水道管と直結するうちも増えてきたそうです。

これはうちの近く、堂井。
村の共同井戸。
泡盛、久米島の久米仙になる水です。
B6CD266B-EDEB-4856-8272-5D98192FDE49.jpeg
モーターやホースがたくさん繋がれていて、
各家庭や畑へと引かれていきます。
うちは堂井とは島一周道路をはさんで反対側ですが、
夫は、暗渠を利用して引いてくるつもりのようです。
76514058-2AE9-4321-82AB-10BEFA06629B.jpeg
こんな立派な井戸でなくても、
サトウキビ畑や牧草地のあちこちから水が湧き出ています。
こういう湧き水は誰のものでもないそうで、
だから誰が使ってもいいということになっていて、
夫の牛舎でもこの水を引いてきて使っているんですって。
牛舎は泉よりも下の方にあるので、ポンプも要りません。

野焼き。
もちろん久米島でも野焼きは禁じられています。
でもね、そこはまあ田舎だから。
我が家の伐採した枯れ木を、敷地に隣接する土地で燃やしたのですが、
辺りは乾いているし、火が大きくなってきたとかで、
後ろの藪に燃え移るかもしれないと、近所人が消してくれました。
ほんと、もうしわけない。
87D8DD23-414E-4E40-B926-C95D783BF6C9.jpeg


この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31