忘年会によんでもらいました

三線のお稽古に行ったら、
先生に、忘年会にいらっしゃいと言われました。
去年までは居酒屋さんでやっていたけれど、
今年は老人センターを借りて、三線を中心にするから、
あなたも「あやかり節」を独奏してごらんなさい、ですって。
きゃーっ、それって、忘年会兼発表会ってことじゃないですか。
何を差し置いても行きますよ。
その日は夫が那覇で忘年会があるとかで、
一緒に行くか、なんて言われていましたが、
那覇なんて別に行きたくないし、
酔っ払いなんて、なりたくも見たくもないし、
絶対に三線のほうがいい。

30人くらいの人が集まるそうです。
いつもは私1人のお稽古ですが、もしかしたら知った人に会えるかもしれません。
去年誘われなかったのはまだ下手だったからなのか、
それとも今年誘っていただいたのは、
シマンチュになると決めた私に対しての 先生の配慮かもしれません。
何曲か全員で合奏したあと、独奏の部になるようです。
いつものように思い切って歌いなさい、ですって。
そして、うちでもちゃんと練習しなさいと釘をさされました。
練習をサボっているのがちゃんとバレているんですね。
当たり前か。
独奏の機会を与えていただいたのは名誉なことですが、
いつもほめていただいていた「遊びションガネー節」ではなく、
曲がまだまだ弾きこなせていない「あやかり節」というのは
ちょっと残念。

おまけ。
学校の水田。
今週稲刈りして、来週は餅つき大会です。
15B0A171-03C9-4848-97AE-BB28B92CC4C3.jpeg
久米島では二期作が可能です。
7月の1回目の時よりもできがいいようです。
去年は台風に祟られたから、それに比べれば上出来です。
DE1DCF8E-A064-447B-9617-6917809913D0.jpeg

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31