三線のお稽古、ちょっと残念

先日の三線忘年会ですが、
長らくわけもわからずにもやもやしていたことがすっきりしました。
「久米島ジントヨー節」というご当地ソングなのですが、
どうもリズムがとれなかったんだよね。
先生と一緒に演奏するときにはなんとなくなんとかなるんだけど、
あくまでもなんとなくわかる、で、どうもしっくりこなかったのです。
それが姉弟子の演奏を聞いた途端に、すとんと腑に落ちました。
姉弟子は、私と同様ナイチャー、内地の人です。
だからリズムのとり方が私にはわかりやすかったんじゃないかな。
つまりは西洋音楽のリズムで、先生の演奏とは似て非なるものなんだけど。

やっと腑に落ちて安心して、
ちょっと投げやりになっていた気を取り直して練習を始めたのですが、
それなのにそれなのに、なんと先生が怪我で入院してしまったのです。
車から降りるときに転んで骨折、入院。
体調が悪くて辛そうだったので、ぼーっとなってしまったのでしょうね。
お稽古再開の見通しは立たず、再開するときにまた連絡します、ですって。
うーん、当分は自習ですね。
名古屋に帰るから、幸か不幸か練習も途切れるし。
島に戻ったたら、
古典の曲は1番しか歌えないものが多いので、
2番を練習してみよっと。

おまけ その1。
うちの庭の白椿。
時ならぬ嵐に、12月だっていうのに、もう散ってしまいました。
地面に散った花びらは淡雪のようです。
また咲いてくれるかしら。
B36EE409-B3E1-405E-9EEF-EBB7AE9B06EF.jpeg
おまけその2。
同じくうちの庭から。
B1C2A765-9196-4BA0-B987-91C84893FC16.jpeg取り残されたシークワーサーひとつ。
黄色くなった実は、温州みかんと同じように食べられますが、
小さい上にタネばかり多いのでそのまま放置されます。

おまけ その3。
同じくうちの庭でなったグァバ。
毎日のように、新しい果実がどんどんなります。
95E0E720-0F09-4B35-B925-E480F8CDF408.jpeg
でも目ざといカラスに、先に食べられちゃうんだよねえ。
9AE27EC5-6A28-4BB5-83F8-49C7D2F6C15A.jpeg


この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29