最後の謝恩会

またまた最後……のです。
卒業式の日の夕方からは、私にとって教員として最後の謝恩会でした。
この謝恩会ですが、例年はPTA主催で公民館で開かれてきました。
児童の数が減り、それにともなって裏方を担当する保護者の数も減り、
高齢化で地域の人たちの参加も減り、
おまけにコロナウィルスです。
そんなわけでか、今年の会は6年生の子どもの家で行なわれました。

このお宅は、事務所兼作業所兼住居なので、とても広い。
島の家はどこでも中も外も広いのですが、
(うちも中は狭いけど軒下は広いので、30人のホームパーティもできたわけです)
それにしても40人以上が集まることができるというのは驚きです。

ほんとうに、子どもたちと先生たちと、そして保護者の人たちの手作りの会でした。
何にもない島だけど、この人たちは自分たちで楽しみを作り出すことができる。
本日の食べ物、メインはこれ、新タマと新じゃがと、鳥が丸ごと一羽。
とっても柔らかくて美味しかったよ。
(アルミ箔の無駄遣い、という声もありましたが。)
936A45C4-FDB9-4DF1-A84B-544F4959B994.jpegこれもこういう会では定番です、なーんだかわかるかな。
85B3118D-C321-4740-9332-570168613182.jpeg
日本一の産出量を誇る、久米島の活き車海老です。
つかもうにも跳ねて跳ねて、
誰も皮をむいてくれないので食べられなかった。
それではあまりにも悔しいので、必死の思いで4尾、ハンカチに包んでら持ち帰りました。
私専属コックさん(夫のこと)にむいてもらおう。
DC13E40C-6FCC-4F65-8D82-416D0C3309AD.jpeg
この会も、教職員として参加するのはこれが最後、
来年出るとしても、OBか地域の人としてだものね。

この記事へのコメント

ラベルリスト

カテゴリ

2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31