"比屋定"の記事一覧

2年目、比屋定の秋

2学期になって初めて、ピアノや三線のおけいこ、町まで下りて行ってお買いものなど、ひまだなあと思えるほどの、ゆったりとした休日を楽しむことができました。ずっと散歩もしていなかったんだけど、まずは徒歩通勤から再開するつもりです。この写真の小さな建物は、多分御嶽(ウタキ)。教員宿舎のすぐ近くにあります。どうして今まで気づかなかったんだろうと思…

続きを読むread more

比屋定農園のパイナップル

教員宿舎から学校へ行く途中に、子どものおじいさんの家があります。夏になると、「パイナップル」ののぼり旗が2本と、「比屋定農園」の立派な看板が出ます。パイナップル畑そのものは、村のはずれにあるんだけど、直売所はおうちです。島一周道路に面しているからね。 さておうちの門をくぐると、まず立派なヒンプンが目に入ります。ヒンプンというのは、悪い…

続きを読むread more

つれづれなるままに

つれづれなるままに 日暮らし、机じゃなくてPCにむかっていると、よしなしごとが心にわき出でて、なんだか悩んでみたくもなります。そんなわけで、これからの自分のゆくすゑについて、荒れた海を見ながら悩んでみようかと思って、夕方の比屋定バンタへ行ってみました。あ、ゑを旧仮名遣いにつたのは、その方が感じが出るかなと思って。三線の楽譜は旧仮名なんで…

続きを読むread more

梅雨に入ったから、散歩

平年より1週間遅れで梅雨に入りました。去年はさらに遅く6月1日、空梅雨で、梅雨なんだかどうかよくわからないようなうちに、平年並みの6月23日にはあけたものの、その後は大雨、土砂崩れ、通行止め、台風と、ろくでもない日々が続いたのでした。それでも、梅雨時期の本来の湿気はこんなもんじゃないぞ、と脅されています。5/20の朝は、180mm/hの…

続きを読むread more

久しぶりに散歩をしたら

県民投票のついでに、近頃サボっている散歩。いいものを見つけました。シークワーサーの新芽です。ついこないだまで実がなっていたし、お店にも並んでいたのに。まだ実が付いたままの木もあるから、同じシークワーサーでも種類が違うのかな。白い小さな花まで咲いています。こちらはマンゴの花芽。花や実はバヌアツでよく見ていたけれど、あちらでは大木だから、こ…

続きを読むread more

ラベルリスト

カテゴリ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31